【評判口コミ有】dTVは最安で幅広い動画ジャンルを楽しみたい人におすすめ

スポンサーリンク




こんにちは、ダン(@adan_wb02)です。

VODサービスはたくさんあって、どれも良さそうだし、dTVは他サービスとどう違うのかわかりませんよね。

結論から言うと、dTVは最安で幅広い動画ジャンルを楽しみたい人におすすめです。

今回は、たくさんあるVODのうち「dTV」について特徴、他サービスとの比較、メリット・デメリット、評判・口コミを紹介していきます。

dTVの特徴・他サービスとの比較・評判口コミ

dtv評判

dTVの特徴・他サービスとの比較・評判口コミを紹介していきます。

dTVは最安で動画ジャンルを幅広く配信してるのが特徴

dTVは最安で動画ジャンルを幅広く配信しているのが特徴です。

dTVの特徴を表にまとめました。

見放題作品 オリジナル レンタル ジャンル 作品数 月額料金 無料視聴期間
不明 洋画・邦画・韓流アジア 120,000本以上 500円(税抜) 31日間

 

dTVは、ドコモが提供してるVODサービスです。(※docomo会員以外で利用可能)

業界最安値の「月額料金:500円(税抜)」で提供しています。

作品数は12万本以上と多く、動画ジャンルも「洋画・邦画・韓流・華流・アジア」のドラマ作品はかなり多いです。

ダン

dTVは、最安「500円」で幅広い動画が見放題なのが魅力です!

他にもdTVだけのオリジナル作品を制作・配信しています。

【比較】dTVは最安で動画が楽しめて国内コンテンツに強い

dtvオリジナル

他VODサービスと比較するために、表にまとめました。

  作品数 オリジナル レンタル 月額料金 無料お試し期間 付帯サービス
dTV 120,000本 500円(税抜) 31日間 なし
U-NEXT 170,000本 × 1,990円(税抜)
1200P付与
31日間 雑誌読み放題
Amazon 不明 500円(税抜) 30日間 amazon無料配送
Netflix 不明 × 800円(税抜)
1200円(税抜)
1800円(税抜)
なし なし
Hulu 60,000本 × 933円(税抜) 14日間 なし

 

dTVは、Amazonプライムビデオに並ぶ月額料金で「500円(税抜)」はVOD業界最安です。

また、作品数も非常に多く、レンタル数もできるので、Amazonプライムビデオに似ています。

Amazonプライムビデオと違う点は、国内コンテンツを見放題で提供してる数Amazonプライムより多いです。

dTV国内コンテンツ

  • 年下彼氏
  • ハケンの品格
  • 家政婦のミタ

など、Amazonプライムビデオも国内作品を多数配信していますが、dTVの方がより多く国内作品を配信しています。

期間限定配信の作品もありますので、過去作品・視聴したい作品がない時もあります。

別記事にて、VOD各5サービスの特徴比較していますので、参考にしてください。

 

dTVの評判・口コミ

https://twitter.com/9N00n/status/1228070442050568193?s=20

https://twitter.com/baikinman_goot/status/1241146820648038401?s=20

https://twitter.com/RsX232C/status/1247643518010417152?s=20

VODを選ぶときで抑えるべき2つのポイント

VODを選ぶときで抑えるべき2つのポイントはこれらです。

VODを選ぶ2ポイント
  1. あなたが視聴したい作品ジャンルを明確にする
  2. VODサービス4つの特徴を比較する

それぞれ説明します。

あなたが視聴したい作品ジャンルを明確にする

VODを選ぶときで抑えるべきポイント、1つ目は「あなたが視聴したい作品ジャンルを明確にする」です。

もし、あなたが「洋画」をメインに視聴したい場合は、「Hulu」「Netflix」「U-NEXT」などがおすすめです。

VODサービスは「配信作品」に特徴があるので、あなたの視聴したい作品ジャンルを明確にすると、どんなVODを選べばいいかわかると思います。

VODサービス4つの特徴を比較する

VODを選ぶときで抑えるべきポイント、2つ目は「VODサービス4つの特徴を比較する」です。

VODサービスで4つの特徴はこれらです。

VODサービス4つ特徴(重要度の高い順)

  1. 配信作品
  2. 月額料金
  3. 無料視聴期間
  4. 付帯サービス

それぞれに特徴がありますので、そちらを確認した上でVODサービスを選んでください。

dTVの良いところ・悪いところ

dTVの良いところ・悪いところを紹介していきます。これらです。

dTVの良いところ
  1. 業界最安で動画を楽しめる
  2. 動画ジャンルが幅広い
  3. dポイントが貯まる

dTVの悪いところはこれらです。

dTVの悪いところ
  1. 機能のバグが多い
  2. 複数デバイスの同時視聴ができない

それぞれ説明していきます。

業界最安で動画が楽しめる

dTVの良いところ、1つ目は「業界最安で動画が楽しめる」です。

言わずもがなですが、業界最安で動画が楽しめるところが最大のメリットです。

女性

なるべく安く、動画が楽しめたらそれでいい

なるべく安く、人気の番組を幅広く見れたらそれでいい!という方にはdTVがぴったりです。

ほとんど作品を網羅しているし、業界最安価格がとても魅力的です。

動画ジャンルの幅が広い

dtv国内作品
dtv国内作品

dTVの良いところ、2つ目は「動画ジャンルの幅が広い」です。

U-NEXTと同じくらい動画ジャンルが幅広いです。

dTVの動画ジャンル

  • オリジナル作品
  • 洋画
  • 邦画
  • アニメ
  • 韓流・華流
  • キッズ
  • バラエティ

もちろん、レンタルしなくては見れない作品もあります。

U-NEXTとdTVの併用利用すると、ほとんどの韓流作品が見れるので、韓国ドラマを見たい人にはおすすめの使い方です。(どっちの料金もかかりますが)

ほかサービスの「Hulu」「Amazonプライムビデオ」「Netflix」にない国内作品に強いのはdTVの魅力ですね。

dポイントが貯まる

dTVの良いところ、3つ目は「dポイントが貯まる」です。

dポイントを利用してる人は、かなり有益かもしれません。

dTVを利用すればdアカウントにdポイントがたまります。

【「dポイントクラブ会員規約」の提供条件】

  • 獲得対象:dTVにおいて、以下のお支払方法により、月額利用および作品を購入された場合
  • ポイント獲得の対象となるお支払方法:ドコモ払い / dカード / クレジットカード

※dポイントでのお支払いの場合は、対象外です。

  • ポイント獲得ルール:購入代金額100円(税別)につき1ポイント
  • ポイント獲得日:購入確定後、2日後を目途に順次進呈

つまり、5ポイントが貯まります。少ないポイントですが、ポイント付与制度がついています。

機能のバグが多い

dTVの悪いところ、1つ目は「機能のバグが多い」です。

個人的に利用してみて「機能のバグが多い」印象を受けました

バグの修復方法は以下4つの方法を試してみてください。

dTVのバグ修復方法
  • アプリのアップデート
  • Wi-Fiを繋げ直す
  • 端末の再起動
  • アプリの再インストール

アプリのアップデートがされていないことが多いですが、なぜか繋がらないことが多いです。

上記の「バグ修正方法」を参考に、繋ぎ直しを試みると8割繋がり直りますので参考にしてください。

複数デバイスの同時視聴ができない

dTVの悪いところ、2つ目は「複数デバイスの同時視聴ができない」です。

dTVでは、アカウントを複数人に共有することはできます。

ただ、共有したアカウントで、複数デバイスから同時視聴ができません

誰かが、1つのアカウントで視聴してる時には、他の誰かが同じアカウントで視聴できないことに注意です。

dTVは邦画・韓流・華流をメインに最安で動画を楽しみたい人におすすめ

dTVは、邦画・韓流・華流をメインに最安で動画を楽しみたい人におすすめです。

これまでに紹介したdTVの特徴をまとめます。

見放題作品 オリジナル レンタル 主なジャンル 作品数 月額料金 無料視聴期間
多数 邦画韓流華流 120,000本以上

500円(税抜)

31日間

dTVは、邦画・韓流・華流が特に多く、そして圧倒的なコスパが魅力です。

VODの中でも最安値の月額500円で利用でき、作品数がたくさんあります。

もちろん有名どころの洋画・アニメも見放題なので、登録しておけばちゃんと見れます。

dTVは普段から韓流・華流にハマっている方にピッタリなVODサービスだと思います。

作品がどんなものがあるのか、また使い勝手など気になる場合は無料期間31日間でお試しください

スマホ以外のデバイス・端末で視聴する方法

スマホ以外のデバイス・端末(テレビなど)で視聴する方法を紹介します。

他デバイスで視聴する方法2つおすすめ

  • Fire TV Stick
  • スマートテレビ

Fire TV Stickさえあれば、全てのVOD(上記以外にDAZN、Disney theater、Paravi、Tver)がテレビで見れます。(付属のHDMLスティックをテレビに繋げば使えます)

また、インターネットに直接繋がった「スマートテレビ」にも対応しています。

個人的な意見ですが、dTVはゲーム機器に対応していないのが不満です。

dTVの登録方法

dTVの登録方法は以下の手順です。

dTVの登録方法
  • dTV公式HPにアクセス
  • 「31日間無料おためし」を押す
  • 「次へ」を押す
  • dアカウントを作成|持ってる人はログイン
  • クレジットカード情報を入力
  • 送信して完了

それぞれ順番通り説明していきます。

dTV公式HPにアクセス

dTVホームページ
dTVHP

 

dTVの公式HPにアクセスしたら「今すぐ無料でお試し」を押します。

次へ
次へを押す

 

ページが変わり、登録までのステップを見つつ、「次へ進む」を押します

dアカウントの作成|dアカウントログイン

dアカウントの作成
dアカウントの作成

 

次に、dアカウントの作成です。

自分のメールアドレスを入力すると、「パスワード付きのメール」が届きます。

基本情報入力
基本情報入力

パスワードを入力すると「dアカウントの基本情報入力」に進みます。

基本情報入力

  1. dアカウントID(メールアドレスでも可)
  2. パスワード
  3. 氏名
  4. 性別
  5. 生年月日

入力したら、下へスクロールしてください。

決済方法を選び、入力する

クレジット情報入力
クレジット情報入力

次に決済方法を入力します。

残念ながら、dTVはクレジットカードのみの決済になります。入力後に「確認画面へ」を押してください。

dtv登録完了

最後に、「申込みを完了する」を押したら31日間の無料トライアルの登録完了です!

まずは無料視聴できるVODから試してみよう

今回は、「dTV」の特徴、他サービスとの比較、メリット・デメリット、評判・口コミを紹介しました。

dTVの特徴を改めて表にまとめました。

見放題作品 オリジナル レンタル ジャンル 作品数 月額料金 無料視聴期間
不明 洋画・邦画・韓流アジア 120,000本以上 500円(税抜) 31日間

dTVは無料視聴期間2週間のトライアルができますので、まずは無料トライアルからはじめてみてください。(その方がお得なので)VODサービスの中で圧倒的な作品数を提供しています。

スポンサーリンク




参考になったら友達にもシェアしてね!

ABOUT US

映像作品ブロガー
自分の時間を自由に使いたいと思い新卒入社5日前で内定辞退。 今は映像作品ブロガーです!記事を書いたり、ネット番組の番組制作をしています! 【略歴】 ・偏差値42の高校から偏差値20上げ、高校初の青学現役合格 ・憧れてた大学に絶望し、大学時代からビジネスを学習し実践する ・大学卒業後ブログと番組制作で生きています 【記事内容】映像関連・大学生・受験・ビジネスなど 【趣味】ゴルフとDJと旅行