【UberEats】配達パートナーで揃えておくべき仕事道具7つ

こんにちは、ダン(@adan_wb02)です。

Ubereatsの仕事をするにあたって、仕事道具が必要になります。

今回は、配達パートナーで働く前に揃えておくべき仕事道具7つ紹介していきます。

配達パートナーで揃えておくべき仕事道具7つ

Ubereats配達にあたり、備えておくべき仕事道具7つは以下の通りです。

Ubereats配達の仕事道具

  • スマホ
  • 配達バッグ
  • 自転車 or バイク
  • スマホホルダー
  • モバイルバッテリー
  • レインコート
  • 防水バッグカバー

 

上記、それぞれを「絶対に必要なもの」「あった方がいいもの」「あれば困らないもの」に分けて説明していきます。

仕事道具で絶対に必要なもの

まずは、配達パートナーの仕事で絶対に必要なものは、以下です。

Ubereats配達パートナーの仕事で絶対に必要なもの

  • スマホ
  • 配達バッグ
  • 自転車 or バイク

 

それぞれの特徴をまとめていきます。

スマホ

スマホがないと、そもそも仕事ができません。

Ubereatsはスマホから仕事の通知がきて、スマホで全てのやりとりが行われます。

スマホの中身で、入れておくべきアプリは以下2つです。

Ubereatsの仕事アプリ

 

配達パートナーの登録時にアプリの使い方について、Uberスタッフから説明があります。

わからないことがあれば、Uber Driver内のヘルプも利用できるので、便利ですね。

配達バッグ

絶対に必要なもの2つ目は配達バッグです。

配達バッグは、配達パートナー登録時にパートナーセンターで支給されます。

配達バッグがなくて仕事できますが、配達バッグがないと規定違反になるので、配達バッグを持って仕事しましょう。

たまに、配達バッグの小さいものだけで配達している人がいますが、あれは規約違反になります。

ダン

たまに、配達バッグを持ってないと運べない商品があるので、お店側も配達バッグがあるかチェックしてきます。

必ず、配達時には配達バッグを持ち歩きましょう。

配達手段は自転車かバイク

3つ目は配達手段として自転車かバイクを用意しましょう。

Ubereatsで働く前にパートナーセンターで自転車で配達するか、バイクで配達するかの登録もあります。

自転車であれば、特に登録する書類などはありません。

バイクは、登録時に「運転免許証」「自動車損害賠償責任保険の証明書」「ナンバープレート」の3つが必要です。

ダン

バイクの書類提出は、写真アップロードで提出するのですが、提出しても書類を認識してくれないので、かなり面倒でした。

その場合は、パートナーセンターに直接出向いた方が早い場合があります。

仕事道具であった方がいいもの

次に、配達パートナーの仕事道具であった方がいいものは以下2つです。

Ubereats配達パートナーの仕事であった方がいいもの

  • スマホホルダー
  • モバイルバッテリー

 

それぞれの特徴をまとめていきます。

スマホホルダー

あった方がいいもの1つ目は「スマホホルダー」です。

スマホホルダーは自転車やバイクのハンドルにつけて、スマホのマップやUbereatsの通知を待つのにかなり便利です。

ダン

ポケットにスマホを入れておくよりも、常に見えるところにスマホがある方が絶対いいです。

通知に気づかないことをなくせたり、マップ機能を使わないと場所がわからないということもないので、とても便利です。

スマホ固定ホルダーにも種類があるので、それぞれ紹介していきます。

こちらは腕につけるタイプのスマホ固定ホルダーです。

腕についている分、画面の見にくさは一定ありますがバイクや自転車の振動で壊れたりしないところが良い点です。

こちらは自転車につけるタイプのスマホ固定ホルダーです。

自転車についている分、画面が見えやすく、通知がきたらすぐ止まって確認できます。

取り外しがスムーズなタイプなので、お客さんの家に配達に行くときもスムーズに対応可能です。

こちらはバイクにつけるタイプのスマホ固定ホルダーです。

バイクタイプはバイクの振動にしっかりと耐えられ、かつ防水・取り外し可能なスマホホルダーだと望ましいです。

モバイルバッテリー

あった方がいいもの2つ目は「モバイルバッテリー」です。

これは、あった方がいいよりも、買っておくべきアイテムです。

モバイルバッテリーがないと長時間の配達ができないです。

Ankerのモバイルバッテリーの最新版です。

容量が20100mA、iPhoneXが3回充電できるほどのバッテリー容量があります。

Ankerは充電速度も早いので、とても便利です。

仕事道具であれば困らないもの

仕事道具であれば困らないものは、雨の日の対策道具ですね。

Ubereats配達パートナーの仕事道具であれば困らないもの

  • レインコート
  • 防水バッグカバー

 

それぞれの特徴をまとめていきます。

レインコート

雨の日や急な雨の対策で「レインコート」を買う、そもそも着るのおすすめです。

ダン

僕の場合は、晴れの日でも配達にいくときはレインウェアを着ていました。

突然の雨でもいい対処できますし、ジャージみたいなレインウェアだったので見た目は全然気になりません。

僕が着ていたレインウェアはこちらです。やっぱり運動系のウェアを買うならワークマンがいいですね。

見た目がジャージですし、ストレッチも効いているので寒い時でも重ね着すればへっちゃらでした。

ただ、夏のような暑い日は結構きつかったですね。

防水バッグカバーで完璧に浸水を防ぐ

あれば困らないもの2つ目は「防水バッグカバー」です。

一応、配達バッグは防水仕様になっていますが、チャック部分から浸水する可能性があります。

そのため、浸水防止のために防水バッグをつけて配達するのもおすすめです。

こちらをつけていれば、食事をバッグに入れる時以外は雨に晒される瞬間はないので、安心です。

雨の日の配達にこれをつけている配達パートナーさ

仕事道具を充実させると仕事がやりやすくなる

今回は、配達パートナーで働く前に揃えておくべき仕事道具7つ紹介してきました。

改めて、Ubereats配達の仕事道具で備えておくべきものは以下になります。

Ubereats配達の仕事道具

  • スマホ
  • 配達バッグ
  • 自転車 or バイク
  • スマホホルダー
  • モバイルバッテリー
  • レインコート
  • 防水バッグカバー

 

仕事道具が充実すると、仕事がやりやすくなるので良いものを揃えましょう。

また、それぞれ経費に落とせるので、設備投資はケチらないことがおすすめです。

共感シェアしてくれたら嬉しいです!

ABOUT US

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。