Uber Eats配達パートナーを始めるべき理由|フリーランスは特におすすめ

スポンサーリンク

こんにちは、ダン(@adan_wb02)です。

これから収入源もままならないまま、独立を考えている方や大学生でバイト以外の収入を考えている方はUber Eatsでお金を稼ぐのがおすすめです。

だん

僕は大学を卒業し、内定を辞退してからすぐにUber Eatsの配達パートナーを始め、他の事業が安定するまでUber Eatsをメインに稼いでいました。

例えば、お笑い芸人を目指している方、俳優を目指している方、キャリアチェンジのための準備期間の方など、まだ収入が安定していない方にUber Eatsはとてもおすすめです。

そんな今回は、Uber Eatsの配達パートナーを始めるべき理由、そしてUber Eatsがおすすめの方について紹介していきます。

Uber Eats配達パートナーを始めるべき理由

Uber Eatsを始めるべき理由は以下3つあります。

Uber Eatsを始めるべき理由

  1. 面接なく誰でも始められる
  2. シフトがなく自由に働ける
  3. 自分次第で稼ぎの調整ができる

 

それぞれ説明していきます。

面接なく誰でも始められる

Uber Eatsの登録は面接がありません。Uber Eatsに登録し、配達パートナーとしての説明会を聞けば誰でも始められます。

配達パートナーとして活動したいエリアを指定して、登録することで始められます。

配達パートナーの活動エリア

  • 東京エリア
  • 川崎・横浜エリア
  • 埼玉・千葉エリア
  • 名古屋エリア
  • 大阪エリア
  • 京都エリア
  • 神戸エリア
  • 福岡エリア

 

まだ日本全国展開とまでしていないので、お住まいに近いエリアでの登録がいいですね。

シフトがなく自由に働ける

Uber Eatsの基本的な働き方は「自分次第」になります。

自分が働きたい時に働いて、やりたくない時はやらなくていいんです。

ずっと仕事をしていても問題ないですし、休みを自由に取っても構いません。

自分の活動の日程があまり決まっていない方はシフトが入っていない仕事で柔軟に働きたいと考えていますよね。

柔軟に仕事を行えるUber Eatsはそんな方には非常におすすめです。

Uber Eatsの働き方について詳しくは別記事で書いていますので、こちらも参考にしてみてください。

自分次第で稼ぎの調整ができる

そして3つ目の魅力として「自分次第で稼ぎの調整ができる」ことです。

1日稼げる上限は無限ですけど、現実的な数字で言えば最大1万2千円ほど稼げます。

時間を柔軟にして動きたい方にとっては、途中でUber Eatsを中断しても大丈夫だし、急用が入らない限りはずっと仕事できますよね。

効率よく稼ぐための方法についても別の記事で解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

時間を柔軟にしてお金を稼ぎたい人にはおすすめ

本業でまだ生計が建てられていない方はUber Eatsがとてもおすすめです。

本業でまだ生計が建てられていないけど、本業の活動はとても大切ですよね。

シフト制のバイトだと、急用があった際にはなかなか時間を外せられません。時間の調整が難しいので、時間を柔軟に調整できるUber Eatsがとてもおすすめです。

Uber Eatsがおすすめな人

  1. 俳優の見習い
  2. お笑い芸人を目指している人
  3. 趣味で動きまくってる大学生
  4. 家事をしてる主婦・夫の人
  5. 現在キャリアチェンジで求職中の方

 

日常が忙しく、時間の調整に柔軟性を持ちながら稼ぎたい方はUber Eatsがとてもおすすめです。

配達パートナーの登録から初回配達まで徹底解説

配達パートナーをしようかなと考えているのであれば、登録しておくことをおすすめです。

なぜなら、とりあえず登録しておけば「いつでも好きな時間に稼げる」からです。

ここでは配達パートナーの登録から初回配達までの流れを以下の手順で紹介していきます。

Uber Eats配達パートナーの登録から初回配達の流れ

  1. WebでUberアカウント登録
  2. Uberアカウントに必要書類をアップロード
  3. 近くのパートナーセンターに訪問し本登録完了
  4. UberDriverアプリを起動して注文を待つ

 

それぞれ説明していきます。

WebでUberアカウントを登録

まずはじめに「Uber Eatsのアカウント」を登録して作成しましょう。

Uberのホームページは下画像が出てくるので「メールアドレス」を入力して次へ行きましょう。

登録は赤枠を入力する

「メールアドレス」「名前」「電話番号」「Uberアカウントのパスワード」を入力しましょう。

そして「働く都市」を入力してください。以下日本で働ける都市です。

日本での働ける都市(2019年6月現在)

  • 東京(23区)エリア
  • 横浜・川崎(中原区・幸区・川崎区)エリア
  • 埼玉(さいたま市)エリア
  • 千葉(市川市・船橋市一部)エリア
  • 大阪(市内一部)エリア
  • 京都エリア
  • 神戸エリア
  • 名古屋(市内一部)エリア
  • 福岡(市内一部)エリア

 

自分が働ける都市をローマ字表記で1つ入力してください。そこがあなたのホームグラウンドになります。

Uberアカウントに必要書類をアップロード

次にUberアカウントに「必要書類をアップロード」しましょう。

配達手段によって必要書類が変わってくるので、下記に3つの配達手段を書きます。

ウーバーイーツ配達パートナーの配達手段3つ

  1. 自転車
  2. 原付バイク(~125cc)
  3. 軽貨物orバイク(125cc越)

 

それぞれの必要な書類を以下にまとめて記しておきます。

自転車登録で必要な書類

  • プロフィール写真
  • 身分証明書(外国人ならパスポート or 在留カード)

 

1番気軽に登録ができます。

原付バイク登録で必要な書類

  • プロフィール写真
  • 運転免許証
  • 自動車損害賠償責任保険の証明書
  • ナンバープレート

 

それぞれUberアプリから書類を写真に撮ってアップロードしてください。

軽貨物またはバイク(125cc超)登録で必要な書類

  • プロフィール写真
  • 運転免許証
  • 自動車損害賠償責任保険の証明書
  • 自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証
  • 任意保険または共済保険の証明書
  • ナンバープレート

 

書類提出するものが多いですが、それぞれ書類を写真に撮ってアップロードしてください。

近くのパートナーセンターに訪問し本登録完了

登録の最後に「近くのパードナーセンター」に行きましょう。

事前予約は不要です。営業時間内に行って本登録を進めましょう

エリアごとのパートナーセンターの営業時間や場所を紹介していきます。

東京エリア|3つのパートナーセンター

東京で勤務する方だけでなく、埼玉、川崎、千葉で働く方も東京エリアで登録しなければいけません。

大門パートナーセンター|下記地図が示すビルの1階

営業時間:月〜日: 12:00〜19:00

新宿のパートナーセンター|下記地図が示すビルの3階

営業時間:月〜火・木〜土(祝日含む)12:00〜19:00

秋葉原のパートナーセンター|下記地図が示すビルの4階

営業時間:月〜日: 12:00〜19:00

横浜・川崎エリア|1つのパートナーセンター

川崎にはパートナーセンターがありません。東京か横浜で本登録を進めましょう。

横浜のパートナーセンター|下記地図が示すビルの4階

営業時間:月・水・土:12:00〜19:00 (祝日も営業)

大阪エリア|1つのパートナーセンター

大阪のパートナーセンター|下記地図が示すビルの6階

営業時間:月〜日 12:00〜19:00

京都エリア|1つのパートナーセンター

京都のパートナーセンター|下記地図が示す建物の1階

営業時間:火〜土 12:00〜19:00

神戸エリア|1つのパートナーセンター

神戸のパートナーセンター|下記地図が示すビル

営業時間:木〜土 12:00〜19:00

名古屋エリア|1つのパートナーセンター

名古屋のパートナーセンター|下記地図が示す建物の4階

営業時間:月曜日〜火曜日、木曜日〜土曜日 12:00〜19:00(定休日:日曜日、水曜日)

福岡エリア|1つのパートナーセンター

福岡のパートナーセンター|下記地図が示す建物の6階

営業時間:月曜日〜火曜日、木曜日〜土曜日 12:00〜19:00(定休日:日曜日、水曜日)

UberDriverアプリを起動して注文を待つ

パートナーセンターで配達パートナーの説明、銀行振込先の手続き、配達バッグを受け取ったら「UberDriverアプリを起動」して注文を待ちましょう

最低限必要なアプリは下画像のアプリです。

最低限必要なアプリ

  • Uber Driver
  • Google map

 

アプリをインストールしましょう

アプリインストールはリンクを下記にまとめます。

 

インストール後に「Uver Driver」を起動すると、下記の画面が出てきます。

赤枠をタップするとオンライン(勤務中)になる

「出発」をタップしてオンライン状態にしておけば、注文が入った時に通知がくるのでそれまで待ちましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。