高校生も留学や海外旅行に行く時代!高校生がクレジットカードを持つためには

スポンサーリンク
高校生

高校留学で来年には海外に行くのですが、高校生でクレジットカードを作りたいです。どうすればいいでしょうか?

こんにちは、だん(@adan_wb02)です。

クレジットカードは18歳以上にならないと自分名義のものは作れません。

しかし、海外旅行や留学にいくのであれば、クレジットカードは必ず持っていったほうがいいです。

そんな今回は、海外旅行や留学にいく高校生のために「高校生がクレジットカードを持つためには」をテーマに紹介していきます。

高校生のクレジットカードは「家族カード」が最適

まず、前提として高校生はクレジットカードを作れません。

だから高校生のクレジットカードは「家族カード」を使いましょう。

家族カードとは、簡単に言えば「家族でシェアできるクレジットカード」です。

親がクレジットカードの契約者となり、本カードの利用限度額をシェアできる「家族カード」を学生が持つことで、高校生でもクレジットカードを使えます。

家族カードはクレジットカード会社に申請すればすぐに発行できます。

 

クレジットカードの代わりにデビットカードもおすすめ!

高校生はクレジットカードを持てない代わりに、デビットカードを持つのもおすすめです。

デビットカードもクレジットカードと同じでカードだけで決済できます。

デビットカードがクレジットカードと違う点は、クレジットカードは1ヶ月後に銀行引き落としですが、デビットカードは決済の瞬間に銀行引き落としをされます。

デビットカードは現在開設している銀行口座から発行できますし、今の口座とは別に新しい銀行口座を開設して発行できます。

またデビットカードの発行条件は以下です。

デビットカードの発行条件

  • 15歳以上(中学生除く)、もしくは16歳以上
  • 学生や主婦の方でも発行可能

 

デビットカードは決済が行われると、インターネットで確認したり、メールで確認ができるので、学生の代わりに親がお金の状況を確認できます。

デビットカードのメリット・デメリット

デビットカードはクレジットカードと少し違うので、メリット・デメリットをクレジットカードと比較しながら紹介していきます。

デビットカードのメリットは「1. 即時決済できること」「2. 通知されること」です。

デビットカードのデメリットは「1. 一括払いのみ」「2. 還元率がクレジットカードより高くない」です。

デビットカードは通常の現金払いと感覚的には変わらないので、クレジットカードにはない「すぐにお金がなくなる感覚」があります。即時引き落としのため、一括払いしかできません。

また、クレジットカードと違い還元率が高くないところがマイナス点です。

デビットカードの還元率はだいたい0.2%~1%程度です。

留学にいく高校生におすすめのデビットカード

留学にいく高校生におすすめのデビットカードを紹介してます。

おすすめのデビットカードは圧倒的に「Sony Bank WALLET」です。

詳しく説明していきましょう。

Sony Bank WALLETが圧倒的におすすめ

Sony Bank WALLETはデビットカードの中でも圧倒的におすすめします。

まずはSony Bank WALLETの特徴はこちらです。

利用方法 ソニー銀行口座開設
キャッシュバック率 0.5%~2%
保険 ショッピング保険・不正利用補償
海外事務処理手数料 1.76%

 

キャッシュバック率はそこまで高くないですが、Sony Bank Walletの良さは海外事務手数料にあります。

海外事務処理手数料は平均的に2.0%~3.0%くらいあるのですが、他社のカードと比べると圧倒的に低いです。

さらに外貨預金口座に預金しておくと、以下の国での外貨は手数料無料で引き落とされます。

外貨預金口座引き落としで手数料無料の外貨一覧

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 英ポンド
  • 豪ドル
  • NZドル
  • カナダドル
  • スイスフラン
  • 香港ドル
  • 南アランド
  • スウェーデンクローナ

 

上記の外貨を使う国への留学は事務手数料もかからないので、Sony Bank WALLETは他のデビットカードと比べて圧倒的におすすめです。

海外渡航の高校生は「家族カード」と「デビットカード」を持とう

ここまで、海外旅行や留学にいく高校生のために「高校生がクレジットカードを持つためには」をテーマに紹介してきました。

高校生がクレジットカードを持つなら「家族カード」しかありません。

また、クレジットカードの代わりに自分名義の「デビットカード」を持つのも良いでしょう。

僕の意見としては、海外に渡航するならどっちも持っておくと安全です。

磁気不良で1つのカードが使えなくなってしまったら、再発行されるまでお金が使えないかもしれません。

高校生が海外に渡航する際には「家族カード」と「デビットカード」どちらも持っていきましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。