ペナン国立公園をサンダルで制覇!ペナン国立公園の行き方・必要なものを紹介

スポンサーリンク

こんにちは、ダン(@adan_wb02)です。

先日ペナンに行ってきましたが、ペナン国立公園を完全にノリでサンダルで行ったのが完全に失敗でした。

自宅で使ってるサンダルで挑んだ

だん

以前、引っ越しの時に買ったサンダル(上写真)で挑み、めちゃしんどかったです。

引っ越した時の記事でサンダルについて書いてるので、興味あればみてください。

関連記事:都内に引っ越しました!Amazonで用意できる引っ越し商品を紹介

実際に国立公園に入るまでは完全に代々木公園感覚で公園に向かっていたので、まさかガッツリ山登りするとは思っていません。

東京で「山登り」というと高尾山をイメージすると思いますが、高尾山よりも整備されていないゴリゴリの山登りだったので本当に大変でした。

僕みたいにならないよう、今回は「ペナン国立公園の行き方」と「準備するもの」について紹介していきます。

ペナン国立公園は往復5キロほどの山登り

ペナン国立公園内の道のり

ペナン国立公園はガチな山登りです。どれくらい山なのかというと、上写真の通りです。

この景色が3キロくらい続き、山を抜けると海が広がっています。

僕が訪れた場所は「タートルビーチ」で、特にタートルの要素はなく、人もいないビーチが広がっていました。

このビーチは泳いじゃいけないらしいので、特に泳ぐことなく、ただただ海を眺めていました。

だん

ペナン国立公園には大きなトカゲと、猿が出るのが有名だったので、トカゲと猿を探しました。

けど、猿は現れなかったです。トカゲは居たけど、足早すぎて撮影を逃してしまいました。

山を登ったり、その登った山を降りたり、アップダウンが激しい箇所もあるのでサンダルで行かないほうがいいです。

下画像にあるように、ペナン国立公園の入り口からタートルビーチまで片道約3kmくらいあるので、ちゃんといける格好で行きましょう。

ペナン国立公園の行き方バス

ペナン国立公園の行き方についてです。ペナン国立公園は「無料」で入れる国立の公園です。

ペナン国立公園へは「101番バス」に乗って行きましょう。

ジョージタウンの始発(Jetty)~ペナン国立公園 終点で「101」バスが運行しています。

バスは15分間隔で通っているので、バス停で待っていれば大丈夫です!

 

料金はJettyから乗ったとしても10RM(リンキッド)くらいしかかからないと思うので、めちゃ安で乗れます!

近くにローカルフードあるよ

僕は朝早くペナン国立公園に行ったので、ご飯を食べずに出かけました。

すると、近くにローカルフードがあって。

そこでご飯を食べました。(バター塗りたくった)サンドイッチが3RMで、みかんジュースが2RMでした。合計5RMと安かった。

informationって書かれた屋台に注意

(写真撮るの忘れた…)

食事も終えて、公園の入り口に入ろうと安心していると、

ペナン人

「お兄ちゃん!船乗れるよ!」

と声をかけてくれました。

最初はinformationのおっさんかと思ってましたが、周りを見てみると

ペナン国立公園の入り口に「information」と書かれた屋台が3件くらい屋台が並んでいます

だん

さすがに国立なのに、3件もinformation並べないし、屋台がinformationな訳がない。

と思ったので、おっさんは一旦スルーして公園の中へ入ります。

中には本物のinformationがあったので、そのおっさん達には頼らずに公園の中に進みましょう。

本物のinformationは別であるよ

ペナン国立公園の本当のinformationがあるので、公園の門から入っちゃって大丈夫です。

informationにて公園案内と、パスポート番号の記入、来た目的などを書きましょう。

地図と許可書がもらえます

地図を見る限り、地図上のFの場所を目指していきます。

公園内への入り口

ここから入っていきます。ここで水がなければ門の向かいにある店で飲み物を買っていきましょう。

飲み物がないと、喉が乾いた状態で5キロ以上歩くことになります。

入り口からはひたすら歩くだけ

入り口から入れば、最初は舗装された道なりが続きます。

しかし、1つ橋を渡れば石畳だけされた山道をひたすら歩きます。雨の日はその道が水の流れる道になってしまうので、多分歩くと超しんどいです。

雨の日はおすすめできません!

ペナン国立公園に行くときの装備

ペナン国立公園に行きましたが、自然いっぱいでとてもいいハイキングができたと思います。

半日くらいで回れますし、ちょっと足が重くなりますが、サンダルでも(しんどかったけど)往復できました。

僕以外には欧州系の家族や、アジア系の家族、ヒンドゥー系の方、とさまざまな人が軽装で気軽にハイキングしていたので、家族で行っても問題ないと思います。

ペナン国立公園での装備

  • 足を覆っている靴
  • バッグ
  • タオル

 

子供と一緒に行く場合は、子供に帽子をかぶらせてもいいかもしれませんね。

あと、本当に水だけは持っていきましょう。僕は水がなかったので、帰り喉が乾きすぎて脱水症状になるかと思いました。

ペナン国立公園は軽装でハイキングが楽しめる!

今回は「ペナン国立公園の行き方」と「準備するもの」について紹介してきました。

ペナン国立公園は軽装でも充分ハードなハイキングを楽しめます

僕は、短パンに半袖、そして水分なしでサンダルというハイキングでは最悪の装備で行きました。

しかし、問題なく帰ってこれたので家族連れでも充分楽しめるでしょう!

山の中は圏外になります

山の中は圏外になるので、google mapがオフラインで使えるようにダウンロードをしておくととても便利ですよ。

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。