【注文待ち・暇つぶし】UberEats配達で注文が来ない時の対処法5選

スポンサーリンク
UberEatsPartner
今日全然鳴らないな〜。

なんで鳴らないねん。暇だな〜どうしようかな〜。

こういう時、結構ありますよね。無駄に移動したくないし、移動しも注文来るのか可能性はわかりません。

しかし、このままその場に居続けても注文が入るかわからない状況って結構あると思います。

そんな時の対処法を今回考えました。

そもそも注文が来ない原因にはいくつかあります。それを踏まえて対処法を考えていきましょう。

UberEatsの注文が来ない原因

なぜ注文が来ないのでしょうか。大きく分けて3つの原因があると思います。

注文が来ない原因

  1. ご飯の時間帯じゃない
  2. Uber Eatsの利用者が少ないエリアにいる
  3. いるエリアに配達員が集中しすぎている

 

今がご飯の時間帯じゃなかったり、もしくは今いる場所がUberEatsの人が少ない可能性が高いです。

「利用者が多いエリア」に移動するか、「注文が多い時間帯」まで注文を待つしかありません。

時間帯によって場所の需要を見極める

僕は時間帯によってオンとオフを切り替えています。需要がある時間帯は以下です。

注文が多い時間帯

  • 昼間:11:00~14:30
  • 夜間:18:30~23:00

 

ランチやディナータイムの注文がやはり多いようで、それ以外の時間は稼働していません。

15:00~18:00の間は別の仕事をしてお金を稼いでいるか、勉強をして時間を潰しています。

もちろん、スマホの充電も落ちてしまうので充電ができる場所に移動もしています。

全く注文が来ない時の対処法5選

20分以上、注文を待っても連絡が来ない場合は対処する必要があります。

僕がいつも考えている案は以下5つです。

注文が来ない時の対処法5つ

  1. 利用者が多いエリアに移動する
  2. ツイッターで情報把握する
  3. とりあえずマクドナルドに行く
  4. 稼働をやめて別の仕事をする
  5. 稼働しながら勉強して暇をつぶす

 

それぞれ説明していきます。

利用者が多いエリアに移動する

1時間に1本しか注文が来ない場合は、利用者が多いエリアに移動しましょう。

最初のセクションで行ったように「利用者が多いエリアじゃないと注文が来ない」んです。

自分のテリトリーで把握している利用者が多いエリアに移動しましょう。

ちなみに、東京エリアだと「六本木」「青山」エリアは時間関係なく注文頻度が高いのでおすすめです。

ツイッターで情報把握する

Twitterで「UberEats 配達員」と検索すると、様々な情報が流れています。

今日の状況を見て、周りがどのような状況なのかを把握した方が自分の把握になります。

今の場所から離れるか、待機するのかを判断する材料にもなるので、Twitterで検索しましょう。

僕も「#UberEats #配達員 #今日の状況」でツイートしていこうと思います。

とりあえずマクドナルドに行く

3つ目の案としては「とりあえずマクドナルドに行く」こともあります。

理由として、UberEatsではお馴染みなってきているのがマクドナルドです。

アプリを開けると「ハンバーガー」や「M」のマークが目立っています

とりあえずマクドナルドで待機していると注文が来る可能性が高いのでおすすめです。

稼働をやめて別の仕事をする

場所を変えても全く注文が来ない場合や「注文が多い時間帯」がすぎたら稼働をやめて別の仕事をしたほうがいいかもしれません。

UberEats自体、副業でやられている方も多いので、本業の作業をしましょう。

本業がない場合は休憩か、別の仕事を探すのもいいのではないでしょうか。

ライターであれば、クラウドワークスから案件を獲得して3時間で3千円は簡単に稼げます。

稼働しながら勉強して暇をつぶす

注文が来ない時は、オンライン状態を保ちながらどこかの公園か、邪魔にならない路地で勉強しながら待ちましょう。

ダン

 

僕の場合は、「英語」を勉強していたので、本を持ってスピーキングの練習をしてました。

他には、純粋に読書をしたり、ゲームしたり、とりあえず何か時間が潰せたらいいですね。

僕は有意義に時間を潰したかったので、勉強しましたが、そこは人の自由です。

需要がある場所に移動してちゃんと稼ごう

今回は「UberEatsで注文が来ない原因」と「注文が来ない時の対処法」について紹介してきました。

注文が来ない原因は「利用者が少ないエリア」もしくは「注文が来ない時間帯」で稼働しているのかもしれません。

注文の需要によって変化に対応しなくては稼げない仕事です。

僕の考えている対処法はあくまでも参考程度に、あなたのテリトリーとする場所で需要の変化をしっかりと見極めて行動すれば必ず稼げます。

共に頑張りましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。