【UberEats】東京で配達パートナーする方に稼げるエリア4選を紹介

スポンサーリンク
配達パートナー

Uber Eatsの配達をやっているんですが、東京はどこらへんのエリアの注文多いですか?

詳しい方ご回答お願いします。

だん

こんにちは、だん(@adan_wb02)です。

Uber Eatsの配達パートナーを1年以上しています。

六本木、表参道、恵比寿、東京駅などタワーマンションが多いエリアは注文が多いですね。

東京エリアで活動しているUber Eatsの配達パートナーの方も「稼げるエリア」をうまく意識して効率よく稼ぎたいですよね。

今回は、Uber Eatsを1年以上経験している僕が「注文者の傾向」と「東京エリアの稼げるエリア4選」について紹介していきます。

【UberEats】注文者の傾向はタワマン在住の20代後半~30代前半

注文者は基本的にお金を持っている中流階級層と言われるレベルの人たちです。

中流層はだいたい年収が600万円以上を稼いでいるので、そこそこ良さげなお家に住んでいます。

のちに詳しく紹介しますが、以下のエリアでの注文が多いです。

注文が発生するエリア

  • 六本木・麻布十番
  • 表参道・青山
  • 恵比寿・中目黒
  • 東京駅周辺
  • 新宿の代々木側
  • 赤坂・溜池山王

 

上記の場所は自転車でも移動しやすく、注文が頻繁に発生します。

もっと言えば、ランチタイム、ディナータイムの注文は連鎖的に注文がくるので注文待ちはほとんどありません。

注文される近くのレストランで注文待機しよう

1点注意としては、注文発生が多いエリアで待機していたとしても「近くに注文されているレストラン」がなければ注文が来ません。

だから、注文待機は「注文される近くのレストラン」がいいです。

先述した「稼げるエリア」内の注文されるレストランを把握し、注文されるのを待ちましょう。

配達パートナーの注文連鎖が生まれる仕組み

  1. 近くのレストランで待機→発生→商品ピックアップ
  2. 注文者のエリアへ移動→届ける
  3. 今いるエリアから近い注文されるエリア・レストランへ移動
  4. 近くのレストランで待機→発生→商品ピックアップ
  5. 注文者のエリアへ移動→届ける

 

あとは上記の繰り返しです。とにかく注文者がいるエリアの近くのレストランに待機することが大事になります。

レストランで商品をピックアップしたら、移動しなければいけないので、移動先でも発生するレストランを探す。その繰り返しですね。

【UberEats】東京エリアで稼げる場所4選を紹介

赤い枠が稼げるエリア

先述しましたが東京エリアの稼げる場所は以下4つの場所だと経験値から言えます。

注文が発生するエリア

  • 六本木・六本木一丁目・赤坂
  • 表参道・外苑前・青山一丁目
  • 渋谷・恵比寿・中目黒
  • 東京駅周辺

 

連鎖的に商品を提供することを考えると「六本木エリア」「青山エリア」が注文待機したい場所だと考えています。

それぞれ詳しく説明していきます。

六本木・六本木一丁目・赤坂エリア

六本木は麻布十番、乃木坂、六本木一丁目、赤羽橋付近から多くタワーマンションが立ち並んでいて、さらにレストランもたくさんあります

おそらく1番注文者数も多いので、六本木に待機していれば20分以内に必ず通知がなります。

自転車での移動は小回りが効くので楽ですが、バイクでの移動は交通量も多く結構しんどい面も多いですね。

僕が経験したレストランですと、以下が六本木エリアのレストランになります。

六本木エリアの注文されるレストラン

  • モスバーガー 六本木店
  • 筋肉食堂 六本木店
  • クリスプサラダワークス 麻布十番店
  • 大戸屋 六本木一丁目店
  • 吉野家 赤坂3丁目店
  • ケンタッキー 広尾
  • 春水堂 六本木店
  • ほっともっと 麻布十番店
  • 焼肉BEEFMAN 六本木本店
  • 阿夫利 麻布十番店

 

などです。上記のレストラン付近で待機していると、素早く注文もピックできるので参考にしてください。

表参道・外苑前・青山一丁目エリア

表参道・外苑前・青山一丁目エリアは平地が長く続くエリアなので、自転車は走行しやすいですね。

また、レストランも豊富で注文が頻繁に鳴りますが、注文を届ける先がランダムなのが少しネックです。

届ける先だと、六本木方面、恵比寿方面、渋谷方面、代々木方面、の4方向です。代々木に行くと注文が少ないので連鎖がなく、結構辛いのが印象的ですね。

僕が経験したレストランですと、以下が青山エリアのレストランになります。

表参道・外苑前・青山一丁目エリアの注文されるレストラン

  • マクドナルド 青山店
  • 春水堂 表参道店
  • クリスプサラダワークス 青山店
  • ヤムヤムサイアム 青山店
  • シンシアガーデン 北青山
  • TACO BELL タコベル 青山骨董通り店
  • グラス 青山店

 

などです。その他多くのUber Eats加盟店があるので、注文がある都度で把握しましょう。

渋谷・恵比寿・中目黒エリア

渋谷・恵比寿・中目黒エリアはタワマン少ないものの、ミーハーな人たちがUber Eatsを使ってくれるので注文がよくなります。

僕が経験したレストランですと、以下が渋谷エリアのレストランになります。

渋谷・恵比寿・中目黒エリアの注文されるレストラン

  • ケンタッキー 渋谷道玄坂店
  • すた丼 渋谷宇田川町
  • ジアレイ 渋谷246店
  • クリスプサラダワークス 恵比寿店
  • クリスプサラダワークス 代官山店
  • ガパオ食堂 恵比寿店
  • 春水堂 代官山店
  • 大戸屋 渋谷公園通り
  • 筋肉食堂 渋谷店
  • GREEN BROTHERS 恵比寿店
  • ヘンリーズバーガー 代官山
  • 大阪王将 宅配専門 渋谷東店
  • 辛麺屋一輪 渋谷店

 

などです。その他多くのUber Eats加盟店があるので、注文がある都度で把握しましょう。

東京駅近辺(日比谷・銀座・日本橋)エリア

東京駅エリアはレストランが豊富で、注文からピック、配達までが平地なので結構走りやすいです。

しかし、隅田川方面に配達すると連鎖が起きにくいので、できれば六本木方面への配達だと最高ですね。完全に運任せになりますが。

僕が経験したレストランですと、以下が東京駅付近エリアのレストランになります。

東京駅周辺エリアの注文されるレストラン

  • ケンタッキー 日本橋人形町店
  • う福 八丁堀店
  • マクドナルド 人形町店
  • すき家 東京駅京橋店
  • 熟成ロースかつ丼
  • クリスプサラダワークス 丸の内店
  • 陳家私菜 有楽町店
  • タイ料理サワディー

 

などです。その他多くのUber Eats加盟店があるので、注文がある都度で把握しましょう。

稼げるエリアだけでなく稼げる時間帯も狙おう

稼げるエリアだけでなく、注文がある「時間帯」も意識してUber Eats配達を行いましょう。

稼げるエリアにいたとしても、時間帯が伴っていなければ誰も注文しません。

注文が多い時間帯は以下です。

注文数が多い時間帯

  • 11:00~14:00
  • 18:00~23:00

 

上記はランチタイムやディナータイムの時間です。基本的に朝や15:00~17:00の中間タイムは注文が少ないので、その時間は避けてUber Eatsをやりましょう。

配達パートナーの登録から初回配達まで徹底解説

配達パートナーをしようかなと考えているのであれば、登録しておくことをおすすめです。

なぜなら、とりあえず登録しておけば「いつでも好きな時間に稼げる」からです。

ここでは配達パートナーの登録から初回配達までの流れを以下の手順で紹介していきます。

Uber Eats配達パートナーの登録から初回配達の流れ

  1. WebでUberアカウント登録
  2. Uberアカウントに必要書類をアップロード
  3. 近くのパートナーセンターに訪問し本登録完了
  4. UberDriverアプリを起動して注文を待つ

それぞれ説明していきます。

WebでUberアカウントを登録

まずはじめに「Uber Eatsのアカウント」を登録して作成しましょう。

Uberのホームページは下画像が出てくるので「メールアドレス」を入力して次へ行きましょう。

登録は赤枠を入力する

「メールアドレス」「名前」「電話番号」「Uberアカウントのパスワード」を入力しましょう。

そして「働く都市」を入力してください。以下日本で働ける都市です。

日本での働ける都市(2019年6月現在)

  • 東京(23区)エリア
  • 横浜・川崎(中原区・幸区・川崎区)エリア
  • 埼玉(さいたま市)エリア
  • 千葉(市川市・船橋市一部)エリア
  • 大阪(市内一部)エリア
  • 京都エリア
  • 神戸エリア
  • 名古屋(市内一部)エリア
  • 福岡(市内一部)エリア

 

自分が働ける都市をローマ字表記で1つ入力してください。そこがあなたのホームグラウンドになります。

Uberアカウントに必要書類をアップロード

次にUberアカウントに「必要書類をアップロード」しましょう。

配達手段によって必要書類が変わってくるので、下記に3つの配達手段を書きます。

ウーバーイーツ配達パートナーの配達手段3つ

  1. 自転車
  2. 原付バイク(~125cc)
  3. 軽貨物orバイク(125cc越)

 

それぞれの必要な書類を以下にまとめて記しておきます。

自転車登録で必要な書類

  • プロフィール写真
  • 身分証明書(外国人ならパスポート or 在留カード)

 

1番気軽に登録ができます。

原付バイク登録で必要な書類

  • プロフィール写真
  • 運転免許証
  • 自動車損害賠償責任保険の証明書
  • ナンバープレート

 

それぞれUberアプリから書類を写真に撮ってアップロードしてください。

軽貨物またはバイク(125cc超)登録で必要な書類

  • プロフィール写真
  • 運転免許証
  • 自動車損害賠償責任保険の証明書
  • 自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証
  • 任意保険または共済保険の証明書
  • ナンバープレート

 

書類提出するものが多いですが、それぞれ書類を写真に撮ってアップロードしてください。

近くのパートナーセンターに訪問し本登録完了

登録の最後に「近くのパードナーセンター」に行きましょう。

事前予約は不要です。営業時間内に行って本登録を進めましょう

エリアごとのパートナーセンターの営業時間や場所を紹介していきます。

東京エリア|3つのパートナーセンター

東京で勤務する方だけでなく、埼玉、川崎、千葉で働く方も東京エリアで登録しなければいけません。

大門パートナーセンター|下記地図が示すビルの1階

営業時間:月〜日: 12:00〜19:00

新宿のパートナーセンター|下記地図が示すビルの3階

営業時間:月〜火・木〜土(祝日含む)12:00〜19:00

秋葉原のパートナーセンター|下記地図が示すビルの4階

営業時間:月〜日: 12:00〜19:00

横浜・川崎エリア|1つのパートナーセンター

川崎にはパートナーセンターがありません。東京か横浜で本登録を進めましょう。

横浜のパートナーセンター|下記地図が示すビルの4階

営業時間:月・水・土:12:00〜19:00 (祝日も営業)

大阪エリア|1つのパートナーセンター

大阪のパートナーセンター|下記地図が示すビルの6階

営業時間:月〜日 12:00〜19:00

京都エリア|1つのパートナーセンター

京都のパートナーセンター|下記地図が示す建物の1階

営業時間:火〜土 12:00〜19:00

神戸エリア|1つのパートナーセンター

神戸のパートナーセンター|下記地図が示すビル

営業時間:木〜土 12:00〜19:00

名古屋エリア|1つのパートナーセンター

名古屋のパートナーセンター|下記地図が示す建物の4階

営業時間:月曜日〜火曜日、木曜日〜土曜日 12:00〜19:00(定休日:日曜日、水曜日)

福岡エリア|1つのパートナーセンター

福岡のパートナーセンター|下記地図が示す建物の6階

営業時間:月曜日〜火曜日、木曜日〜土曜日 12:00〜19:00(定休日:日曜日、水曜日)

UberDriverアプリを起動して注文を待つ

パートナーセンターで配達パートナーの説明、銀行振込先の手続き、配達バッグを受け取ったら「UberDriverアプリを起動」して注文を待ちましょう

最低限必要なアプリは下画像のアプリです。

最低限必要なアプリ

  • Uber Driver
  • Google map

 

アプリをインストールしましょう

アプリインストールはリンクを下記にまとめます。

 

インストール後に「Uver Driver」を起動すると、下記の画面が出てきます。

赤枠をタップするとオンライン(勤務中)になる

「出発」をタップしてオンライン状態にしておけば、注文が入った時に通知がくるのでそれまで待ちましょう。

稼げるエリアを知って効率よく稼ごう

ここまではUber Eatsの配達パートナーをするにあたって「稼げるエリア」と「稼げる時間帯」について紹介してきました。

Uber Eatsは注文数によってどれだけ稼げるかが変わります

だから、Uber Eatsの注文を多く受けるために「稼げるエリア」と「稼げる時間帯」を把握した方がいいでしょう。

だん

僕は東京エリアをメインで走っているので、東京エリアの情報を紹介してきました

参考になれば幸いです。

自分のエリアのどこが注文数が多いのかを覚えておくと、戦略的に働けます。

また、時間帯は昼間11:00~14:00,夜間18:30~23:00を狙い働きましょう

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。