【評判】LINEモバイルを1年間使ったレビュー|SNSを使う10~20代におすすめ

スポンサーリンク

こんにちは、だん(@adan_wb02)です。

格安simに興味ある人

LINEモバイルの速度や評判はどうなんでしょうか。

格安SIMに変更を考えていて、LINEモバイルにしようと思っているのですが、実際使った方のレビューが聞きたいです。

そう考えている人も少なくないと思います。

LINEモバイルを一言でいうならば、「SNSをよく使ってて、Wi-fi環境も備えた人だったらとてもおすすめ」です。

だん
僕はLINEモバイルを1年間使ってみて、割と満足しています。

良かったところもありましたが、もちろんダメなところもありました。

そんな今回はLINEモバイルを検討している方に向けて、LINEモバイルの評判と題し、良かったところ・悪かったところを紹介していきます。

LINEモバイルの良かった点5つ

LINEモバイルを1年間使ってみて良かったところはこの5つです。

LINEモバイルの良かったところ5つ

  1. 月額料金が3000円以下
  2. SNSデータ通信量が無料
  3. データ量は多くても3GBしか使わない
  4. オプションWi-fiが使える
  5. LINEポイントがたまる

LINEモバイルを使って良かった点をそれぞれ説明してきます。

月額料金が3,000円以下

LINEモバイルに変更したら、月額料金が3,000円以下になりました。下画像は2019年1月の料金です。

LINEモバイル料金明細(2019年1月分)

ほぼ毎月2,600円台です。

電話が多くなってしまう月は料金が上下してしまいますが、ほぼ電話しないので毎月このくらいの料金です。

auと契約していた頃は月額1万円だったのですが、それがとても安くなったのは大きいです。

浮いた6000円くらいのお金は自分に投資できるので、変更して良かったと思っています。

SNSデータ通信量が無料

LINEモバイルのプランでは、SNSデータ通信料が無料のフリーコミュニケーションプランがあります。

僕も上記のプランを契約していますが、めちゃくちゃ良いです。下記SNSがデータ量無料で使えます。

フリーコミュニケーションプランで通信無料のSNS

  1. LINE
  2. Facebook
  3. Twitter
  4. instagram

僕含め、若い世代はこれら4つのSNSを使っていると思うので、頻繁にSNSを開く方はとてもオススメです。

これで料金が3000円以下の値段なので、驚きですよね。

データ量は多くても3GBしか使わない

1年間使ってみた考えで、データ量は多くても3GBくらいしか使いません。

だん
でも、僕は保険をかけてフリーコミュニケーションプランの5GBを契約していました。

保険をかけていましたが、月のデータ量は3GB以内に収まります。

仕事先、自宅では常にWi-fi接続していたので、全く不自由なく使えました。

だん
2019年6月から3GBに契約変更予定です。

フリーコミュニケーションプランの3GBは5GBプランよりも500円やすいので、月額料金2000円で済むでしょう。

オプションWi-fiが使える

LINEモバイルではオプションで公共Wi-fiがつけられます

そのWi-fiオプションが意外と使えるんです。このWi-fiは下記のエリアで使えます。

LINEモバイルWi-fiオプションが使えるエリア

  1. セブイレブン
  2. ローソン
  3. デニーズ
  4. プロント
  5. タリーズ
  6. スターバックス
  7. モスバーガー

などなど。

 

外出時の急なパソコン作業や、外出時にWi-fi環境が欲しい時には、このWi-fi「0001_secured_wi-fi」を探してみてください。

意外とさまざまなところでこのWi-fiが飛んでいるので、急な作業時には超便利です。

LINEポイントがたまる

これはとても地味ですが、LINEモバイルの決済はLINEポイントで1%還元されます。

僕は、LINEスタンプしか購入しないのであまり使いません。

しかし、今盛り上がっているLINE Payをよく使う人には、意外とお得な仕組みではないでしょうか。

LINEモバイルの悪い点は2つ

1年間使ってみて、LINEモバイルの悪い点もわかりました。それはこの2つです。

LINEモバイルの悪い点

  1. 昼間の回線が重い
  2. 音声電話が高い

 

LINEモバイルを使って悪かった点をそれぞれ説明してきます。

昼間の回線が重い

LINEモバイルの悪い点の1つ目として「昼間の回線が悪い」ことです。

僕はドコモ回線を契約しているのですが、昼間の11時30分~13時はデータ通信が重いです。

具体的には、Webサイトの読み込みが遅かったり、instagramの画像読み込みが遅くなったりしています。

Twitterの文章程度なら表示できますが、画像・動画はなかなか難しいようです。

だん
僕の対策として、その時間帯はAamazon prime videoでダウンロードした動画データを楽しんでいます。

ダウンロードデータで動画類を楽しむか、Wi-fi環境下にいるかのどちらかをおすすめします。

ソフトバンク回線とドコモ回線の違い

正直、今は回線のラグがどちらが良いのか、はっきりわかりません。

以前はドコモ回線ユーザーが多かったため比較的遅かったのですが、ソフトバンク回線ユーザーが増えたためソフトバンク回線とドコモ回線の通信速度は変わらない印象です。

音声電話が高い

LINEモバイルの悪い点の2つ目として「音声電話が高い」ことです。

通常の音声電話だと、1分あたり40円かかります。

頻繁に音声電話を使う機会はないんですが、ごくたまに電話をしてしまうと結局3分くらい話し込むので、100円くらい取られちゃうんですよね。

だん
僕の対策として、電話はなるべく避けたり、食事などの電話対応は友人に任せたりしています。

LINEモバイルはSNSを頻繁に使う人におすすめ

ここまでは1年間使ってみて良かったところ・悪かったところを紹介しました。

結局、LINEモバイルがおすすめする人は「あまり電話をせず、SNSを頻繁に使い、料金を3000円以内に収めたい人」です。

LINEモバイルのプランとリンクさせて言えば、こんな感じです。

LINEモバイルに最適な人の条件

  1. フリーコミュニケーションプランが合ってる
  2. 基本料金が安い(3G 月額1,690円 5GB 月額2,220円)
  3. 音声電話をあまりしない(料金が高くなるから)

 

電話したいときはLINE電話にすれば通信量はかからないので、お得ですよ。

データ通信だけでなくWi-fi環境を積極的に使おう

データ通信だけではなく、Wi-fi環境にいるのなら、積極的にWi-fiを使いましょう。

なぜなら、SNSをよく見る人はSNS以外にもWeb検索、Youtubeなどの動画もよくみてますよね。

それはweb検索も量を重ねると、結構なデータ量になります。

またYoutubeは動画データがとても大きいので、Wi-fiがなければ見ないほうがいいですね。

とりあえずWi-fi環境下にいるなら、積極的にWi-fiを使うことを覚えておきましょう。

LINEモバイルはフリーコミュニケーションプラン3GBがおすすめ

これからLINEモバイルを検討している方は、「フリーコミュニケーションプランの3GB」がおすすめです。

細かい理由は先述した通りなので、ざっくり理由をまとめるとこんな感じです。

フリーコミュニケーションプラン3GBをおすすめする理由

  1. SNSのデータ通信量が無料
  2. データ通信量が多くても3GBしか使わない
  3. 基本月額料金1,690円と安い

 

僕は5GBにしていましたが、2019年6月からフリーコミュニケーションプランの3GBに変更予定です。

大手通信会社で7GB契約している方でも、フリーコミュニケーションプランの3GBなら楽しめますよ。

【超簡単】LINEモバイルの申し込み方法

通常のスマホの申し込み手順

LINEモバイルをこれから申し込もうと検討されている方に、LINEモバイルの申し込み手順を紹介します。

細かく分けると、以下10ステップです。

LINEモバイルの申し込み10ステップ

  1. LINEモバイルのホームページへ
  2. LINEモバイル「申し込み」をクリック
  3. 「通常申し込み」で次に進む
  4. 回線を選ぶ(ソフトバンク回線 or ドコモ回線)
  5. プランを選ぶ (フリーコミュニケーションがおすすめ)
  6. 基本データ量を選ぶ
  7. サービスタイプを選ぶ
  8. 申し込み内容を選ぶ
  9. SIMカードを選ぶ
  10. オプションを選ぶ

 

それぞれ簡単に説明してきます。

LINEモバイルHPで「申し込み」をクリック

まずはじめにLINEモバイルノホームページに行きましょう。

右上にある「申し込みボタン」をクリックし、利用規約を確認の上、同意して次に進みます。

「通常申し込み」or「エントリーパッケージ」で次に進む

次に申し込み方法を選択します。

「通常申し込み」と「エントリーパッケージを使用して申し込み」があるので、どちらかを選びましょう。

エントリーパッケージとは、Amazonや家電量販店でもらえるクーポンです。

エントリーパッケージを使用すると、ラインポイントが最大5,300ポイントキャッシュバックされるので、お持ちの方は使用してください。

Amazonでも購入できますので、下記をご利用ください。

購入しなくても良い方はそのまま「通常申し込み」から次へ進みましょう。

回線・プラン・基本データ量を選ぶ

次に回線とプラン、データ容量を選びましょう。

回線はドコモ回線 か ソフトバンク回線を選ぶのが無難でしょう。

プランは先述した通り、SNSを使う方はコミュニケーションプランを選択し、音楽も普段から聞く方はMUSIC+プランでも良いですね。

基本データ容量は3GBで充分だと思いますが、少し怖い方は5GBを選択してもいいと思います。

プランの変更は翌月から可能なので、ここで選択を間違えても翌月で変更可能です。

サービスタイプ・申し込み内容・simカードを選ぶ

次にサービスタイプ・申し込み内容・SIMカードを選びます。

サービスタイプは2種類あり、データ通信(データ+SMS)と音声通信(データ+音声)です。

電話番号を使用して電話をする方は音声通信を選びましょう。使用しない方はデータ通信でいいと思います。

LINEモバイルのデータ通信

補足情報として、LINEモバイルのデータ通信はSMS機能があるので、音声通信が無くともSNSにログインする際のメッセージが受信できます。

申し込み内容は、「端末+SIMカード」か「SIMカードのみ」のどちらかです。

端末を買い換えない方は、「SIMカードのみ」で大丈夫です。

お持ちの端末のSIMロックを解除しよう

補足情報として、お手持ちの端末をそのまま利用する際には「SIMロック解除」をしましょう。

SIMロックは現在契約中の大手通信会社がロックをかけているので、問い合わせして解除してもらいましょう。

SIMカードについて、通常のスマホなら「nanoSIM」サイズ(1番小さなサイズ)を選べば使用できます。

オプションを選ぶ(持ち込み端末を解除)

申し込み手順の最後は、オプションを選びましょう。

LINEモバイルのオプション4つ

  1. 持ち込み端末保証(最初から選択されてる)
  2. LINE  MUSIC
  3. Wi-fi
  4. ウィルスバスター

 

デフォルトで「持ち込み端末保証」が選択されているので、不要であれば選択解除してください。

本人確認・支払い方法を入力すれば完了

申し込み内容の記入が終わったら、「本人確認」と「支払い方法」を入力すれば完了です。

本人確認は住所や身分証明書の写真送信があります。

支払い方法は以下3つの方法があります。

3つの支払い方法

  1. クレジットカード
  2. LINE Pay
  3. LINE Payカード(プリペイドカード)

 

上記選択が終われば、SIMカードの到着を待ちましょう。

携帯料金を抑えながらスマホを楽しみましょう!

ここまで、1年間LINEモバイルを使った僕がLINEモバイルの良かったところ・悪かったところ、おすすめの人などを紹介してきました。

たまに回線が重くなる以外に文句がないので、これからもLINEモバイルを使用していきます。

現在、LINEモバイルを検討している方でSNSを頻繁に使用しているならば、とてもおすすめです。

まだ携帯料金が高くて悩んでいるのなら、今申し込んで、携帯料金を抑えスマホを満喫しましょう。

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。