都内に引っ越しました!Amazonで用意できる引っ越し商品を紹介

スポンサーリンク

こんにちは、だん(@adan_wb02)です。

東京では桜も徐々に散り始め、新年度の新鮮さも無くなってきましたね。

僕は、一昨日から慣れた住居を離れ、新しい住居に引っ越しました!

場所は、東京の中心である皇居周辺のシェアハウスです。皇居までは徒歩5分もかかりません。

引っ越す際には多くの日用品や食品をAmazonで用意したので、とても楽に引っ越すことができました。

引っ越し中の荷物(機材が入ってるキャリーケース・リュック・服いれる紙袋)

シェアハウスでは家具や家電がもともとついていたため、それ以外のモノをAmazonで注文しました。

その経験をこれから一人暮らしする方や、シェアハウスに引っ越す方に紹介していきます。

引っ越しで購入したAmazon商品

絶対必要!『寝具セット』

掛け布団・敷布団・枕・収納ケース

引っ越し時の1番高い買い物かもしれません。

シェアハウスには布団の余りがありましたが、長く住む分あんまり人が使っていた布団で寝たくないですよね。

だから、今回は布団セットを買いました。

1番高い買い物かもしれないと言っていますが、お値段「3,980円」と結構安いです。

夜になると気温は5℃くらいでまだ寒さが残っている4月でも、充分に暖かいので安さの割にはコスパがいいと思います。

外出時に便利!「サンダル」

クロックスよりも履きやすい(個人的には)

近場のコンビニや、皇居にプラプラ行く時に便利なサンダルです。

履きやすさを重視して購入しましたが、かなり履きやすく、そして脱げにくいサンダルです。

かかとの部分のストッパーがうまく引っかかりになっていて、歩いてても脱げません。

サンダルを横から見た図

スポーツ時に履いてもいいし、ビーチや海に行く時なんかはこれでいいかなーと思うくらい良いサンダルでした!

サンダルの値段は、超安い「1,880円」です。

日用品は必須!洗剤・柔軟剤・米・レトルト食品

引っ越し時には、日用品が必ず必要です。

しかし、日用品は普段から使っているものが良いと思うので、ここでは買ったものだけを紹介していきます。

Amazonで購入した日用品

  • お米
  • 洗剤
  • 柔軟剤
  • レトルト食品
  • お茶600ml 箱
  • インスタントコーヒー

 

1人暮らしやシェアハウス暮らしの方の中で、1日に1回コンビニや自販機でお茶や水を買っている人はAmazonで箱買いをおすすめします。

買う手間が省けるし、なによりも1日に1回ペットボトル水を買った総数より箱買いした方が安いからです。

 

Amazonの指定日配達と定期購入がめっちゃいい

そもそも、引っ越し時になぜAmazonで購入しようかと思ったのか説明します。

理由としては、2点あります。

Amazonのココがいい

  1. 指定日配達が可能
  2. 日用品の定期購入が可能

 

引っ越しが決まったら、商品を求めて買い出しに行かなくてはいけません。

引っ越し時の買い出しは多くの量を頼むし、ドラッグストアや100円ショップ、スーパーなど多くの場所に出向かなきゃいけませんでした。

正直、そのような暇がないので出来るだけネットで用意できるものは先に用意したいんです。

さらに、購入するのを忘れてしまわないように注文できるものからさっさと注文したかったため、指定日配達があるAmazonはまさに最強でした。

配達の日にちと時間帯を選べる

また、僕は1日1本必ずペットボトル水を購入してしまう性格だったため、箱買いに変更してお得に過ごしています。

それを忘れないように定期購入しました。

定期購入にすると、値段がちょっと安くなるので、1日1本がさらにお得になるという計算です。

ちょっと面倒かもしれませんが、僕はなるべく節約して過ごしたいので、このようにしました。

引っ越し時はネットショップをうまく使おう

あらためて、新しい住居に引っ越しました。

そして今回の引っ越しでは、あまり買い出しに行かないようにAmazonをうまく使ってモノを揃えました。

これから一人暮らしする方や、シェアハウスに引っ越す方は引っ越しのコストをなるべく下げ、ネットショップで揃えられるものは揃えた方が絶対楽です。

 

今回の商品が参考になれば嬉しいです。ではでは。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。