【超効率】英語偏差値32.8から青学に合格するための英語勉強方法

スポンサーリンク

こんにちは、ダン(@adan_wb02)です。

僕は偏差値42の普通公立高校に通っていました、大学受験まで勉強してこなかった普通の高校生です。

しかし、そんな僕も本気で勉強に打ち込んだことで、頭の悪い学校で初めての青学現役合格を果たすことができました。

だん

今回は1番伸び悩んでいた「英語の勉強」について紹介していきます。

はじめに-信用の担保-

まずは、僕が受験前にとった実際の模試の成績をお見せします。

本格的に受験勉強を始める前に受けた代ゼミのセンター模試が以下画像です。

画像から分かる通り、英語の成績が英語偏差値42.2でした。

ここから本気で勉強を始めようと決意し、勉強を始めるも5月の河合模試では偏差値32.8を叩き出しました。

正直、本格的に勉強を始めて3ヶ月たったのに全く成績が上がらず、全ての勉強方法を見直し、9ヶ月かけて最終的には青学に合格するレベルの英語力を身につけていきます。

この記事を読み終えた後は、実際に僕が行った勉強方法を取り入れ、やり抜けば成績は上がります

大学受験「英語」は何を勉強すればいいのか

まずは「何を勉強すればいいのか」を説明していきます。

補足説明

「be動詞すらままならない当時の僕レベル」から解説していくので、自分が必要な部分まで飛ばして読んでOKです!

英語は何を勉強しなければいけないのか

英語で勉強する項目は以下4つの分野です。

英語で勉強する項目

  1. 英単語
  2. 文法
  3. 長文読解
  4. 発音

 

上記は優先順位順なので、英単語から順に覚えましょう。

また、受験日まで「時間がねーよ」という方は『英単語』と『長文読解』をしてください。

なぜなら、配点が高い『長文読解』を落としたらかなりのマイナスになるからです。

英語が苦手な方は『発音』を切り捨てましょう。どうせ配点が200点満点中、20点しかありません。

だん

僕は、be動詞もままならなかったので、発音は即諦めました。その他の180点を伸ばすことに全てを捧げます。

【超効率】英語偏差値32.8から青学に合格するための英語勉強方法

僕は『発音』を諦めたので、発音以外の3つの勉強方法について紹介していきます。

英語で勉強する項目

  1. 英単語
  2. 文法
  3. 長文読解

 

これらを順番に詳しく勉強方法を紹介するので、ぜひ真似してください。

 

英単語の勉強方法 -1週間で300単語覚える記憶術

英単語は英語を読むための土台です。最低でも「頻出単語は1500個」は抑えておいてください。

それ以外は文の繋がりから予測したり、当たり前に出てくる単語(whileとかそのレベル)は問題を解いている中で覚えましょう。

だん

英単語で必要なことは「ひたすら暗記する」ことです。

ただ、闇雲に暗記していても人は忘れてしまう生き物ですよね。

だから「1週間みっちり覚える!」と決めて記憶の習慣に基づいて単語を覚えます。

忘却に対抗しよう

人は、ものごとをすぐ忘れる生き物です。「忘却曲線」でググってみると、以下の内容が出てきます。

  • 20分後:覚えた内容の42%を忘れる
  • 1時間後:覚えた内容の56%を忘れる
  • 1日後:覚えた内容の74%を忘れる
  • 1週間後:覚えた内容の77%を忘れる
  • 1ヶ月後:覚えた内容の79%を忘れる

しかし、「忘れる前に思い出すトレーニング」を5回以上繰り返すと記憶の低下を防げます。

要するに、「単語を50個覚えたら」1時間後にさっき覚えた50個を見返す。

「忘れていたらまた覚える、また1時間後に見返して思い出す。忘れていたらまた覚える。」

これを何度も何度も繰り返します。目安としては、同じ単語を5回以上です。今の流れを以下にまとめました。

忘れない暗記方法

  1. とりあえず50個覚える
  2. 1時間経ったら覚えた50個を見返す
  3. 忘れていたものをちゃんと覚える
  4. また1時間経ったら覚えた50個を見返す
  5. 徐々に時間間隔を開ける
  6. 何度か繰り返す

 

こうすることで、忘れるのを防ぎ、効率的に覚えられます。

僕は、最大で1週間に300単語を覚えられました

だん

ちなみに「覚える作業」と「思い出す作業」を毎日やっていたので合計1000単語暗記していた時には単語だけで4時間使っていました

でも、そうでもしない限り、絶対に覚えられないので記憶が浅いときはじっくり時間を使いましょう。

とにかくこの暗記方法で、1500単語を3ヶ月以内に暗記してください。

受験日まで時間がない方は、1ヶ月以内に1500単語を覚えるのと同時に、長文読解も並行して行いましょう。

ちなみに僕が使ってた単語帳はターゲットです。

文法の勉強方法 – センター文法問題で満点が取ろう

次に文法の勉強ですが、正直長文読解よりも優先度が低いです。

だん

でも、僕みたいに英語ができない人は、文の法則すら分かっていないから「文法」をやらずに長文読解なんて絶対に無理です。

ゆっくりでいいので、ちゃんと頭の中に叩き込むことが全てですね。

文法の勉強方法を以下にまとめます。

文法の勉強方法

  • 学校または塾の先生に習う
  • 解説がしっかりと載っている良い教材選び
  • 理解するまで反復練習

 

はじめに、僕レベルの英語初心者は「学校や塾の先生」に文法を習いましょう

だん

僕レベルになると、流石に1人で勉強できないので「先生」をつけるのが最適です。

学校や塾の先生がいない場合、スタディサプリをおすすめします。

スタディサプリは、月額980円で英語科目だけじゃなく、全教科、全学年の一般レベルからハイレベルまでの授業が見放題です。

当たり前のように「英文法の基礎」を学べるので、先生がいない方はスタディサプリを使いましょう。

独学で勉強する場合や自習する場合は、「教材選び」がとても重要です。

なぜなら、英文法の問題は消去法で解いていくので、「選択肢がダメな理由」をちゃんと理解していないと解けません。

だから、解説がしっかりついている教材を選ぶ必要があります

『Next ○tage』はやめましょう

進学校では『Next ○tage』を英語教材で扱っていますが、あれは解説がほとんどなく間違っている理由が全然わからないので勉強になりません。

僕がおすすめするのはこちらの「教材」とこの「問題集」です。

上記が市販されている文法の教科書で、5行くらいの短文を読みながらどのような文法が使われているのか解説してくれます。

また、読解の基本として「S」「V」「O」「C」などもしっかりと単語がどの役割が当てられているのかが理解できます

だん

丁寧に書かれている解説もじっくり読み解いて、「入門編」を2周して理解しましょう。僕はそうしました。

こちらは問題集で「文型問題から関係代名詞、感嘆詞」などかなり網羅されている問題集です。

そして『回答の解説』が事細かに書かれているからおすすめです。

【注意】

僕がしていた勉強方法は「文法を理解する勉強」だったので、感覚的に文法を理解している人には合わないかもしれません。

また、英語がそこそこ読める人には自分なりの勉強方法が確立していると思います。そんな方は僕の勉強方法を参考までにしてください。

文法学習・上級レベル

文法のレベルが上がったら「上級レベル」の問題集を解いて、完璧を目指しましょう。

上級レベルに行く目安としては、『英文法・語法問題集master 1000完全版』を全クリアした後がいいかと思います。

だん

ちなみにこの問題集は、激ムズでした。

僕がセンター試験の直前に、文法を完璧にしてやろうと、この文法問題集をやりました。

しかし、激ムズだったため、逆に自信を失う結果に。

だん

こんなに難しい問題はセンター試験に出ないよ。

長文読解の勉強方法 – 瞬時に読み取る勉強法

いよいよ、長文読解の勉強方法ですね。

だん

長文読解は、英語の配点のキモになっています。

結局は、英語を読めなくてはいけません。読めるようになりましょう!

長文読解を勉強するにあたり、それなりに英単語やそれなりに文法の勉強が必要です。

英単語、文法、長文読解を同時並行で勉強し、英語力を上げていきましょう。

ここでは、長文読解を始める初歩の初歩からお伝えしたいと思います。

長文読解の勉強方法

  • 瞬時に理解する勉強
  • 理解スピードを上げる勉強
  • 長文読解を解きまくる

 

それぞれ解説していきます。

構文を取って瞬時に理解する

まずは、「瞬時に理解する」ことから始めましょう。

具体的には構文(S・V・O・C)の流れを英文を見ただけで、瞬時に理解できることです。

だん

文の流れすらわからない人に読解はできません。

まずは、文の流れを把握する練習をしましょう。

先ほど、文法の勉強方法で紹介した書籍の1つ上のレベル『基礎英文解釈の技術100』にも載っている構文(SVOC)を自分で真似して英文にとりましょう。

英文のどれが、「S(主語)」でどれが「V(動詞)」なのかを上記の書籍通りに試してください。

だん

100問あるので、僕は100問×2周=200回構文をとりました。ひたすら構文だけ。

そしたら簡単に英文の理解速度が上がったので、読解速度の向上につながります。

音読で理解スピードを上げる

次に「理解スピード」を上げることが重要です。

だん

長文読解は文章が長いので、なるべく理解するスピードをあげて、問題を早くとかないと時間が足りなくなります。

読む能力を早めるためには、『音読』がとても重要です。

音読をすると、頭の中に英語のリズムが刻まれて、感覚値で文章の流れをつかめます。

最低でも3ヶ月以上毎日、試験の日まで『音読』を続けてください。

音読は、毎日やらないと英文の流れが頭の中で滞ってしまいます

毎日やることで頭の中に英文の流れが刻まれて、素早く理解して読むことができます。

長文を解きまくれ!

「構文」を取って英文の理解をつかめたら、長文を解きまくりましょう。

だん

最後は出題傾向を読み解いたり、長文読解で出てくる『問題』になれることが大切です。

英語を読めるだけじゃなく、問題をちゃんと解けるようにならなくては点数として稼げません。

問題が解けるようになるために、様々な問題を解きまくりましょう

だん

僕はMARCHクラスを志望していたので、レベル5を取り組んでいました。

また、センター試験の問題を解きまくる勉強方法もおすすめです。

大学受験の終盤の話ですが、11月からはほぼ長文読解に取り組んでいました。

11月から1日「センター試験を2つ」と「私大の問題を1つ」合計3つの長文読解をやっていました。そのくらいのペースでやらなければ英語の偏差値は上がらなかったので。

英語は継続して徐々に成績が伸びる科目

今回は僕の大学受験の「英語の勉強」について紹介してきました。

だん

僕の勉強方法はなかなかハードだったかもしれません。特に英単語は。

こんだけやっても、英語はなかなか成績が上がらず苦しい受験生活でした。

でも、最後にはグッと伸びる瞬間があり、継続は裏切らない科目だと改めて気づきます。

 

まず、英語は『英単語』。そして、徐々にできることを増やしていって、諦めずに取り組んでください。

さいごに-英語勉強中のエピソード-

だん

こんな長い記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

僕が取り組んでいた勉強方法なので、誰にでも合うとは限りませんが、参考になれば幸いです。

僕は、本当に英語が苦手だったので、4月から7月は「8時間」、8月から12月は「5時間」も英語に艶していました。

今ではそのおかげで英語が好きになり、日常会話は余裕でいけます。

だん

まだ英語が未熟なので、さらに英語で詳しく話せるように勉強中ですが。

まぁとにかく、英語は誰もがやらなければいけない難関です。

諦めずにコツコツ時間を割いて、英語の成績を上げるように取り組んでください。

とくに英語は常に話してる言葉じゃないので、勉強していない時も意識的に英語に触れて英語を忘れないようにしましょう。

[追記]大学受験を終えてからの話

大学生になった僕は青学に入ったことを後悔しました。

進学先は「自分のやりたいこと」「将来なりたい姿」を明確にした上で大学に入りましょう

もし進学について考えているなら、大学進学を失敗しない選び方も是非読んでみてください。

また、大学生になる前に『これからの大学生がやるべき5つのこと|現在の社会状況・やるべきことを解説』の記事を見ておくと大学受験を終えてからやらなくてはいけないことが見えてくると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。