【大学受験生】後悔しない大学選び|やりたいことで決めよう

大学の選び方

スポンサーリンク




こんにちは、ダン(@adan_wb02)です。

「偏差値の高い大学に行きたい!」「有名大学に行きたい!」と考える人いると思います。

僕もそうでした。そして、僕は大学選びを失敗して、とても後悔しています

この判断ミスを、他の人にして欲しくないので、

今回は、大学受験生に向けて、後悔しない大学の選び方について紹介していきます。

後悔しない大学の選び方|自分のやりたいことで選ぶ

後悔しない大学の選び方は「自分のやりたいこと」で選ぶです。

これが唯一の答えです。多くの受験生は、

受験生

誰もが知ってる有名大学に行くんだ!

受験生

とにかく偏差値が高い大学に行くんだ!

受験生

現役合格を目指して必死に頑張らなくてはいけないんだ!

など、「自分のやりたいこと」に意識を向けて大学を選ぶのではなく、大学の入りやすさや、ネームバリューで選んでいます。

これは、大学に入ってから後悔します。

大学の学生は4年間も時間があり、大学の専攻で専門的な勉強もしなくてはいけません。

その時間が面白くないと、大学の費用や大学で学ぶ勉強時間がとてももったいないです。

面白くないことに、時間を奪われる4年間を選んでしまわないように、「自分のやりたいこと」で大学を選んでください。

やりたいことの見つけ方

やりたいことを見つける

「自分のやりたいこと」を見つけるのって難しいですよね。

ダン

やりたいことなんですか?って聞かれても、そんなすぐに答えられないよ!って思いますよね。

僕は、「やりたいこと」って、つまり「将来、何をして楽しみたいのか?」ってことだと思うんです。

あなたは将来、何をして楽しみたいか?

一度、考えてみてください。「あなたは将来、何をして楽しみたいか?」

正直、この大きな問いの答えを出すのは相当難しいです。

ただ、あなたの人生を楽しいことでいっぱいにするには、これを自分の中で考えておくのが大切です。

すぐに答えは出なくていいと思いますが、この大きな問いを考えてみてください。

やりたいことを見つける4つの問い

「あなたは将来、何をして楽しみたいか?」、大きな問いだけではとても難しいと思うので、「小さな問い4つ」を紹介します。

やりたいことを見つける4つの問い

  1. あなたは何が好きですか?
  2. あなたが嫌いなことは何ですか?
  3. 時間を惜しみなく使っても楽しいと思うことは何ですか?
  4. お金がたくさんあり、不安がなくなれば何がしたいですか?

この4つを考えてみると、あなたがやりたいこと、そしてやりたくないことが見えてきます。

人生の生き方は、やりたいことをやるために、やりたくないことをどれだけ避けながら生きれるかだと思います。

だから、生き方に “型” はありません。自分の生き方を貫いて欲しいです。

【体験談】僕は大学選びを間違えて後悔してる

ここまで「後悔しない大学の選び方」について、紹介しました。

紹介した理由は、僕が大学選びを失敗しており、とても後悔しているからです。

僕は、自分が選んだ専攻を面白いと思ったことは、大学4年生のなかで一度もありません。

入学金・学費を1年間に130万円以上も払っているのに、興味がなかったから学ばなかったし、自分の時間をもっと大切にしたかったから、大学の勉強そっちのけで本を読んでいました。

ダン

人は、興味がないものには、全く時間を割きたくないものです。

大学の学費はバカになりません。「自分のやりたいこと」に時間をかけられる大学生活を送って欲しいです。

「自分のやりたいこと」に時間をかけられた、大学生活は勉強も遊びも、とても充実すると思います。

別記事で、僕が大学生活で後悔した3つのこと、後悔しない過ごし方について紹介しています。是非、参考までに。

大学生活で後悔した3つのこと|後悔しない過ごし方6選

後悔してしまう大学の選び方の典型例3つ

後悔する典型パターン

先ほども伝えたかもしれませんが、改めて、後悔してしまう大学の選び方の典型例を紹介します。

後悔してしまう大学の選び方の典型例は、以下3つのパターンです。

後悔してしまう大学の選び方、3つの典型例

  1. 大学をネームバリューで選ぶ
  2. 合格のしやすさで選ぶ
  3. 現役合格にこだわる

それぞれ説明していきます。

大学をネームバリューで選ぶ

後悔してしまう典型例、1つ目は「ネームバリューで選ぶ」ことです。

僕は、大学のネームバリューがあれば、「就活が有利になる」と思ってまいました。

けど、それは違ったのです。

ダン

最近『偏差値の高い大学の学生=頭が良い人』という考えが崩れています。

偏差値が高い大学、例えば一橋大学や東京大学、出身者でも頭が悪い人は悪いんです。

企業は、仕事で頑張れる人、会社に貢献できる人を採用しています。

新卒の大学生は、ネームバリューで選ばれるのではなく、

  • 「あなたが大学時代にどんな頑張りをしたか」(何で頑張れる人なのか)
  • 「あなたの得意なことは会社の利益になるのか」(何が得意な人なのか)

の質問で、あなたを評価して採用・不採用に繋がります。

だから、無理してネームバリューがある大学にいく意味はないのです。

合格のしやすさで選ぶ

後悔してしまう典型例、2つ目は「合格のしやすさで選ぶ」ことです。

「大学に行ければ良いや」って考えていると、合格のしやすさで選ぶと思います。

これは、間違いですよ。

合格のしやすさで、選ぶと「合格してからマジでつまらない」と思います。

現役合格にこだわる

後悔してしまう典型例、3つ目は「現役合格にこだわる」ことです。

現役合格にこだわったがために、「行きたかった・やりたかった」勉強・遊び・サークルなどが叶えられないのであれば、現役合格に拘らないほうがいいです。

確かに、お金の面で仕方がない、という理由もわかります。

ただ、本当に現役合格のことをこだわるよりも、モチベーションが高い「行きたかった・やりたかった」ことを諦めずに目指すほうが、後々で後悔しない選択になると思います。

大学選びは、やりたいことを見つめ直すこと

今回は、大学受験生に向けて、後悔しない大学の選び方について紹介してきました。

後悔しない大学の選び方は「自分のやりたいこと」で選ぶです。

ただ、これを考えるのは、かなり難しく、時間がかかることです。

「自分のやりたいこと」を真剣に考えてみて、進学先を考えてみてください。

スポンサーリンク




参考になったら友達にもシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください