Zaif口座開設!Zaifの特徴を徹底解説。国内仮想通貨取引所と手数料を比較してみた。

スポンサーリンク

ようやくZaifの口座開設できました。

口座申請から本人確認まで約3週間。本当に長かったように思えます。

お正月が挟まれていたこと、仮想通貨新規ユーザーが多かったことを考えると通常は約1週間くらいで口座開設できると思います。

これまではコインチェックで仮想通貨運用していましたが、これからは主にZaifで運用していこうと考えています。

そんな今回はZaifの特徴を徹底解説していきます!手っ取り早く見たい方は「まとめ」へ。

Zaifで扱ってる仮想通貨

Zaifで取引できる仮想通貨は5つ以下で一覧にしました。

  1. ビットコイン/Bitcoin [btc]
  2. ネム / NEM [xem]
  3. モナコイン / MONA COIN [mona]
  4. ビットコインキャッシュ / Bitcoin cash [bch]
  5. イーサリアム / Ethereum [eth]

まぁ目新しくない仮想通貨ばかりですね。

ネムはコインチェックZaifの2つの取引所で取り扱っていて、モナコインはビットフライヤーZaifの2つの取引所で扱っています。

仮想通貨以外にもZaifでは他の取引所で扱っていないトークンを販売・取引することができます。

Zaifで扱っているトークンは8つ。以下一覧にしました。

  1. ザイフ /Zaif [zaif]
  2. カウンターパーティー /CounterParty [xcp]
  3. ビットクリスタル /BitCrystals [BCY]
  4. ストレージコインエックス /STORJCOIN X [skcx]
  5. フィスココイン / FISCO [FSCC]
  6. ぺぺキャッシュ /PEPECASH [pepe]
  7. カイカコイン /CAICA [cicc]
  8. ネクスコイン /NCXX [ncxc]

見たことないものばかりではないでしょうか?

トークンは会社の株のようなものなので、その会社を支援する意味でも買っておいても良いかもしれません。

ちなみに僕はZAIFとフィスコを購入予定です。

トークンとは
企業が発行している仮想通貨のこと。
トークンは発行した企業のサービスなどで扱える通貨であり、楽天ポイントやTポイントのような通貨として扱える株のようなもの

Zaif手数料が最安。4つの取引所と比較してみた。

手数料には取引手数料とスプレッド(売買差額)という2種類の手数料が存在します。

スプレッドが隠れた手数料と言われるくらい手数料として読みにくく、とくに初心者は気づかないうちにスプレッドを支払っているかもしれません。

取引手数料・スプレッドを考慮して他の取引所とコイン別に手数料を比べていきます。

今回比較対象としてビットフライヤーコインチェックGMOコインZaifで行います。

ビットコインの手数料

4社とも取引可能なビットコインから始めます。

  • ビットフライヤー 売買0.01%~0.15%
  • コインチェック 売買0.000%
  • Zaif 指値-0.05% 成行-0.01%
  • GMOコイン 売買0.00%

ビットフライヤーはLightning現物での手数料は0.01%~0.15%と手数料価格が変動するようです。10万未満の売買は0.15%、価格が上がるにつれて手数料は下がる仕組みです。また販売所ではスプレッドがかかり、3%~10%と実質の手数料は高くなります。[詳細]

コインチェックは手数料無料となっていますが、販売所なのでスプレッドが掛かっています。ビットコインのスプレッド幅はアルトコインに比べて狭いので、実質手数料は1.0%ほどです。[詳細]

Zaifの現物取引では期間限定でマイナス手数料を行なっています。購入すればマイナス手数料分逆にもらえる仕組み。ビットコインを購入する場合はZaifが最安手数料で取引ができるでしょう。また簡単売買で取引できますが、こちらはスプレッドにより実質手数料は3%~10%かかります。[詳細]

GMOコインは売買手数料は無料ですが、販売所なのでスプレッドが掛かっています。ビットコインのスプレッド幅は5000円であるので、実質的な手数料は0.4%です。[詳細]

ビットコイン キャッシュの手数料

ビットコインからハードフォークしたビットコインキャッシュですが、全ての取引所でアルトコイン扱いされているようです。

  • ビットフライヤー 売買0.2%
  • コインチェック 売買0.000%
  • Zaif 指値0.0% 成行0.3%
  • GMOコイン 売買0.00%

ビットフライヤーはアルトコインに関してLightning現物は0.2%手数料がかかります。販売所はスプレッドがあるので、実質手数料3%~10%ほどかかると考えておきましょう。ビットコインキャッシュを購入する場合はビットフライヤーのLightning現物が最安手数料で取引ができるでしょう。

コインチェックはアルトコインの手数料は割高です。販売所なのでスプレッドが掛かっています。スプレッド幅によって大きく変わりますが、実質手数料は3%~10%かかります。

Zaifの現物取引では指値で0%、成行で0.3%の手数料がかかります。販売所は設けていません。

GMOコインは手数料が無料になりますが、スプレッド幅が5000円固定で価格変動によって実質手数料3%~10%かかるでしょう。

イーサリアムの手数料

  • ビットフライヤー 売買0.2%
  • コインチェック 売買0.000%
  • Zaif 指値0.0% 成行0.1%
  • GMOコイン 売買0.00%

ビットフライヤーはLightning現物取引では0.2%手数料がかかります。販売所ではスプレッドがあるので、実質手数料3%~10%ほどかかると考えておきましょう。

コインチェックはアルトコインの手数料は割高です。販売所なのでスプレッドが掛かっています。スプレッド幅によって大きく変わりますが、実質手数料は3%~10%かかります。

Zaifの現物取引では指値で0%、成行で0.1%の手数料がかかります。販売所は設けていません。イーサリアムを購入する場合はZaifが最安手数料で取引ができるでしょう。

GMOコインは手数料無料ですが、スプレッド幅が5000〜7000円あるので実質手数料2%~4%かかります。

ネムの手数料

ネムはコインチェックとZaifの2取引所のみで取り扱っているので、2つを比べていきます。

  • コインチェック 売買0.000%
  • Zaif 指値0.0% 成行0.1%

コインチェックは手数料無料ですが、スプレッドにより実質手数料は3%~10%かかります。

Zaifの現物取引では指値で0%、成行で0.1%の手数料がかかります。ネムを購入する場合はZaifが最安手数料で取引ができるでしょう。

モナコインの手数料

モナコインはビットフライヤーとZaifの2取引所のみで取り扱ってので、2つを比べていきます。

  • ビットフライヤー 販売所 0.0%
  • Zaif 指値0.0% 成行0.1%

ビットフライヤーはモナコイン販売所のみで取引します。手数料は無料ですが、スプレッドにより実質手数料は3%~10%かかります。

Zaifは指値0.0%、成行0.1%で取引ができます。また簡単売買で取引できますが、こちらはスプレッドにより実質手数料3%~10%かかります。ネムを購入する場合はZaifの現物取引が最安手数料で取引ができるでしょう。

コイン積立が可能

投資の世界では定番の積立投資の仮想通貨バージョン。

積立投資とは
定期的に同じ金額を買い付ける投資法。
短期の相場変動を気にする必要がなく、高いパフォーマンスが期待できる。長期投資。

Zaifのコイン積立について公式サイトではこう書かれています。

Zaifコイン積立は、一定金額を買い続ける、「ドル・コスト平均法」による投資の一種です。

相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法ですので、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、という考え方となり、ローリスクではありますが、長期的・継続的に積み立て保有することによりしっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットと言えるでしょう。

ハイリスクハイリターンを目指すものではなく、長期投資でのリスク軽減と、安定した収益を目指すためのものですので、必ずしも万人におすすめするものではありません。

しかしながら「ビットコインや暗号通貨には将来性を感じるが、ハイリスクな投資・投機的な手法は避けたい」という方には特におすすめです。

仮想通貨は相場変動が激しいので、相場を気にして買えない方や相場を常に見ていられないビジネスパーソンの方にはおすすめです。

一定のお金が稼げるようになったら僕もコイン積立始めます。

まとめ

いかかでしたでしょうか。Zaifの特徴はとにかく手数料が安いということ、またコイン積立ができるということです。

情報が多いので、最後にZaifの特徴について以下にまとめました。

  1. Zaifは仮想通貨以外にトークンを主に扱っている。
  2. ビットコインの手数料は国内取引所で最安。
  3. イーサリアムの手数料は国内取引所で最安。
  4. ネムの手数料は国内取引所で最安。
  5. モナコインの手数料は国内取引所で最安。
  6. コイン積立ができる。

新規口座申請者が急増しているため、口座開設までに2週間~3週間かかる恐れがあります。口座申請はお早めに。

口座開設しておくべき国内取引所

コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スマホアプリの見やすさナンバー1。国内取引所で最も多く仮想通貨を取り扱っているのがコインチェックです。投資初心者はコインチェックがおすすめ。

ビットフライヤー



ビットコインキャッシュを購入する場合はビットフライヤーで購入することをおすすめします。2018年に入り近日中に新しい通貨を上場する予定なので期待です。

GMOコイン

GMOコインでは最近人気が高いリップルが手数料最安で取引しています。FXのレバレッジも業界最大の25倍を用意してあり、アプリも見やすいのが特徴です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。