【受験生必見】高校生の進路は最大の悩み。専門学校か大学かそれとも就職か考えよう。

スポンサーリンク

こんにちは、だん(@adan_wb02)です。

漠然としていた進路がいよいよ決めなくてはいけなくなった時、僕は大学へ行く事しか考えていなかった。

でも実際はいろんな進路があって、大学とは違ったメリットやデメリットもたくさんあると思うんです。そんな今回はそう行ったメリットやデメリットを上げながら進路についての比較をしていこうと思います!

大学に進学する場合

大学に行くとなるとメリットやデメリットはどう行ったものがあるのか、僕は大学生なので詳しく上げていきたいと思います。

大学に行くメリット

四年制大学に行くと決まった時のメリットを上げていきましょう。

  • 社会人まで4年間伸びる
  • 大卒の証がもらえる
  • 知識が広がる

と行った具合でしょうか、4年間の余裕ができて大卒の証がもらえます。特に重要なのが知識が広がる事です。なぜなら大学には様々な地域から集まってくる人がいますし、変わってる人やユニークな人が多い。自分の価値観を広げたいのなら大学に行くべきでしょう。

大学に行くデメリット

こちらでは四年制大学に行くと決まった時のデメリットを上げていきましょう。

  • 受験をする、推薦を獲得しなければならない
  • 文系は専門的知識はほとんど学べない
  • 受験費、学費がかなり負担

と行った具合でしょうか。当たり前ですが進学するのに大学受験か学校推薦を取らなくてはいけないですね。学校推薦はそれなりに成績がないと取れないので、ほとんどの高校生は大学受験をしていますね。

2つ目として専門的知識が学べないとありますが、理系の僕でもそう思います。大学で専門的知識を学べるのは建築くらいでしょう!最後に受験費と学費がかかります。受験費は私立なら3万、国立なら5千円程度でした。学費は私立は100万~200万、国立なら50万程度でした。

理系と文系で費用が変わりますが、圧倒的に国立大学の方が安いので国立大学への進学をオススメします。

専門学校に進学する場合

専門学校はたくさんあります。その中で自分の好きなことを選び、その職が好きになれる人が専門学校を選ぶべきだと思います。

専門学校のメリット、デメリットを上げていきましょう。

専門学校へ行くメリット

専門学校のメリットを上げていきましょう。

  • 実学が多いので専門的知識が身につく
  • 早く社会に出れる

専門学校は専門的知識がつくのが最大の利点でしょう。大学は実学より座学が多く、専門知識が身についていないので専門職に就きたい人は絶対的に専門学校が良いと思います。

そして専門職だと実力主義であるため早く社会に出れることや実力で給料も変わってくると考えられます。

専門学校へ行くデメリット

次に専門学校のデメリットを上げていきましょう。

  • 専門卒は高卒扱いになる
  • 就職先が絞られる
  • 学ぶ期間が限られているため、ハードに勉強する

残念ながら専門卒は高卒扱いになってしまいますが、専門職は実力主義なので学歴はあまり関係ないです。

もし進学した専門学校が好きになれなかった時が大変です。就職先もその専門職であるため、かなり苦痛になるでしょう。だから専門学校を選ぶときは自分がずっと好きになれることを選ぶべきですね。

学ぶ期間が短いので、カリキュラムはなかなかハードかもしれません。ですが、好きなことや専門性が上がるなら忙しくても楽しく感じれると思います。とにかく大事なのはどんな専門職に就きたいのかを知ることでしょう!

企業に就職する場合

次に普通科卒で就職した場合のメリットを上げていきます。なかなか高卒から就職する人はいないでしょうが、それを考えた場合のメリット、デメリットを上げていこうと思います。

高卒就職のメリット

普通科卒で就職した場合のメリットを上げていきます。

  • すぐに仕事が始められる
  • ほとんどの場合、学問的勉強はしなくなる

周りよりも早く仕事が始められるため、給料としてお金が入るようになります。うまくいけば昇進して同年代よりも良い給料がもらえたり、課長クラスになれるでしょう。

さらに学問的な勉強はしなくて良くなるので勉強嫌いな人には大きな利点かと思います。ですが、社会に入ったら社会での勉強が待っています。社会での勉強こそ昇進に繋がったり、給料アップなど様々なことに活かせるので勉強は続けましょう!

高卒就職のデメリット

次に普通科卒で就職したデメリットを上げていきましょう。

  • 初任給が低い
  • 自立しなくてはいけない

高卒で就職した場合、一般的に給料が低いですが3年もしたら昇給しますし自分の評価次第で大卒よりも給料が高くもらえている人もいます。

そして自立しなくてはならないという意識を持つことが最も大切でしょう。多くの高卒就職者は周りが就職していないからといっていつまでも学生気分でいてはいけないということです。

社会人としての自覚を持ち、親や親戚に頼らないで生きていく事を心に決めて社会人になりましょう。

進路の決め方

進路の決め方として1番大切なことは好きなこと、やりたい事を見つけることが大切です。

やりたい事や好きな事を知るには今の社会の仕組みや業界をたくさん見て面白そうな職種を探してみるのが1番良いかなと思います。

リクナビは多くの大学生が使ってる就活サイトで、業界の詳しい事が書いてあります。そこから好きな業界を見つけるのも良いのではないでしょうか。またリクナビを運営しているリクルートが提供している高校生向けの進路サイトスタディサプリ進路で高校生の進路を相談するのも良い判断ではないでしょうか。

自分にとって最善の選択をプロのコンサルに頼むことは大事かと思います。それぞれの大学によってやっている事やそれぞれの専門学校でやっている事は全然違うからしっかりと調べた上で好きな事、やりたい事を見つけて自分の道を進みましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。