「1年って短いね」っていう人のタイプ別特徴

スポンサーリンク

こんにちは、だん(@adan_wb02)です。

最近、「もう1年か早いな、もうすぐで来年になるのか。」という人が出てきています。

ぼくの感覚では「いやいや、ふつうでしょ(笑)1年間何してたんだよ(笑)」ってなりますね。

でも1年が短く感じる人は何種類かいます。あなたはの種類はどれでしょうか。

毎日忙しすぎて大変な人

こうゆう人は忙しすぎて1週間も相当早いスピードでかけていく人です。大きなプロジェクトなどを手下けている人は特にこのタイプではないでしょうか。

毎日忙しくて大変な人の口癖は「1日短すぎる、もう夜か。」でしょう。(笑)

ほぼ毎日同じことをして生きている人

毎日同じことを繰り返している人は特に長時間同じことしている人のことを言います。短い期間のルーティンとかではないです。

毎日同じことを繰り返していくと人は必然とその事に飽きてしまいます。だからそうゆう人は考えない脳になってしまうのです。

毎日同じことをして生きている人の特徴は「特に目立った感じのない雰囲気と生気のない目」です。(笑)

何にも考えてないで生きている人

これは本当に不思議な人だと思います。自分の感情がなくただ言われたように生きるか、なんとなく生きている人でしょう。

こういう人は「1年が短いな」と自分から言わず、周りがそういい始めてから流されて言っている場合が多い。考えて生きないと脳がどんどん衰えてしまいます。

しかし、こういう人は毎日忙しく大変な人が倒れた際に有能に働いてくれる人でもあります!!

口癖は「1人で過ごせる場所が欲しい」です。

1年短いねと言わない人

このタイプは毎日が変化している人、新しいことを多く繰り返して充分に楽しんでいる人です。

こういうタイプは行動が早く無駄が嫌いな傾向があるでしょう。

口癖は「公務員は好きじゃない」です。(笑)

ちなみに、僕は1年短いねって言わない人です。変化の多い濃い毎日を生きています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。