彼女の誕生日には花束をプレゼントしよう!

スポンサーリンク

こんにちは、だん(@adan_wb02)です。

先月彼女の誕生日に花束をプレゼントしました。彼女とはもうすぐ交際して2年ほど経ちます。

去年の誕生日は特別だったので、ティファニーのピアスをあげました。結構な値段がしたので今年はなるべく安く抑えようかなと考えて花野暮を送ったので、そのレビューをします!

花束って良いものを買うと結構高かいんですけど、コスパも良く、喜んでもらえるものを送れたので、それをシェアしたいと思います!

彼女の誕生日って何買いますか?

一般的に彼女の誕生日って何買うんですかね?一般的に思いつくのはアクセサリー、財布、時計でしょう。「彼女 誕生日 プレゼント」で検索してもこの辺りが上位ランキングしているんじゃないかなと思います。

僕は上記のプレゼントは当たり前すぎてあげるのに飽きたし、何よりも値段が高いから買うの嫌なんですよ。アクセサリーも買うならなるべく良いもので高いものを買うので、10万円とかいっちゃいます^^;

学生にとっても10万円はきついし、安くても5万円のものをあげるのはさすがに・・・。

そしてこんな答えに行き着いてしまいました。「プレゼントにお金かけないで、気持ちが込められている物を挙げたい」と。

お金がかからないで気持ちがこもっているプレゼントを考えると手紙やアルバム、花束なんじゃないかなって思ったので、今回は花束を送りました。近所のお花屋さんがなかったので、通販の花屋さんを利用して花束をあげました!

花束コスト4000円!安くないですか??花だけはさすがに物足りない気がしたので、お食事もいきました。食事コストは15000円とまた安くいけたので、総コスト約20000円でした!

これ結構安くないですか?誕生日は結構かかるけど、プレゼントで気持ちをあげる事で経済的コストは削減できます!是非花束を選んでほしい。

花束を渡した僕が教える男たちに花束をおすすめしたい理由

アクセサリーなんかより、彼女には花束を送ってほしい。そんな思いから全力で書きます。
まず、誕生日コストを考えましょう。食事代、場所代、プレゼント代と3コンボの費用がかかります。しかも今後長く付き合っていくのに毎年高いのあげるなんて、金銭的に耐えられません。

だから花束を送って費用を抑えましょう!花束のメリットは

  • 気持ちが込もってる
  • 費用がかからない
  • なんかおしゃれ

花束はアクセサリーとは全く違う良さを持ちます。花束はずっと残らないもので、その儚さがなんかおしゃれに感じます。
アクセサリーとの1番の違いがその安さです。プレゼント費用がなくなった分、食事代を高く、おしゃれな店に連れて行きました。そんなデートプランもありなのではないでしょうか?

僕は花キューピットっていうオンラインサイトで花束を購入しました。町の花屋さんが近くになかったため、グーグルで探したんですが、家の前に花を持って来てもらえて助かりました。

彼女も泣いて喜んでくれたので、一件落着です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あす楽15時まで受付★★楽天1位★バラのアレンジ★ 生花 自由が丘スタイル /誕生日/選べるスタイル アレンジメント・花束ブーケ【限定ひまわりアレンジ】即日発送/花 ギフト/プレゼント/送料無料/結婚祝い/ 歓迎 送迎/結婚記念日/母の日/父の日
価格:3980円(税込、送料無料) (2017/6/10時点)

通販で花を買う利点

花束買う時きにするのは、

  • 持ち運びの良さ
  • 新鮮さ
  • コスト

の3つの観点で悩みました。お花初心者の僕でも僕が利用した花キューピットは花言葉検索や、季節のお花、月のお花など、たくさんの種類があってスムーズに購入できました。

何よりも指定日配達の充実です。彼女の誕生日の朝に配送指定して、朝に配達が来ましたが、近所のお花屋さん?のおばあちゃんが来てくれてバケットに花束を詰めてくれていました。

他にもメッセージカードを付けてくれたり、何より5千円以下で買えたので、アクセサリーをあげ飽きた人には是非気分を変えて花束を送ってほしいと思いました。

僕はこんな花束を送りましたよ。みんな是非彼女の誕生日には花束を送りましょう!泣いて喜んでくれるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。