【注文待ち・暇つぶし】UberEats配達で注文が来ない時の対処法5選

スポンサーリンク
UberEatsPartner
今日全然鳴らないな〜。

なんで鳴らないねん。暇だな〜どうしようかな〜。

こういう時、結構ありますよね。無駄に移動したくないし、移動しも注文来るのか可能性はわかりません。

しかし、このままその場に居続けても注文が入るかわからない状況って結構あると思います。

そんな時の対処法を今回考えました。

そもそも注文が来ない原因にはいくつかあります。それを踏まえて対処法を考えていきましょう。

UberEatsの注文が来ない原因

なぜ注文が来ないのでしょうか?大きく分けて3つの原因があると思います。

注文が来ない原因

  1. ご飯の時間ではなく、需要がない。
  2. 場所によって需要がない。
  3. 今いる場所に配達員が集中し過ぎている。

例えば、ご飯の時間帯(ランチタイムやディナータイム)はUberEatsの利用者が多いので何かしらの需要はあります。

それでも鳴らない場合は人があまり居ない地域かもしれません。それともその場が配達員過多になっているので注文が回って来ないのでしょう。

つまり、時間と場所によって注文の来る来ないが左右されてしまうのです。

時間帯によって場所の需要を見極める

僕は時間帯によって需要がある地域に移動しています。

時間帯の区分としてはこちらです。

時間帯の区分

  • ブランチ 10:00~11:30
  • ランチ  11:30~14:30
  • アフター 14:30~17:30
  • ディナー 17:30~21:00

ランチやディナーの時間はどこの場所でもだいたい需要はあるので、問題なく稼動できます。

ただ、ブランチやアフターの時間はオフィス街の需要が無くなってしまい、大体暇になってしまうでしょう。

これらの時間帯はティータイムをしていそうな街並みであったり、住宅街などの場所の方が需要がある印象です。

全く注文が来ない時の対処法5選

1時間に1本のペースでしか注文が来ない時はとても暇で、注文を待っているだけでは時間がもったいないです。

僕も時給500円の日があったので、その時に行った対象法を上げていきます。

今いる場所から需要のある場所へ移動する

最初のセクションで書いたように時間帯によって需要がある地域はバラバラです。

自分のテリトリーとしている地域の需要がある場所に移動して注文待ちをした方が稼働の可能性は高まるでしょう。

Twitterで状況把握

Twitterで「UberEats 配達員」と検索すると、様々な情報が流れています。

今日の状況を見て、周りがどのような状況なのかを把握した方が自分の把握になります。

今の場所から離れるか、待機するのかを判断する材料にもなるので、Twitterで検索しましょう。

僕も「#UberEats #配達員 #今日の状況」でツイートしていこうと思います。


別の仕事をやる

時間が勿体無いので、別の仕事をした方がいいかもしれません。僕はアフターの時間で別の仕事をしています。

UberEats自体、副業でやられている方が多いので本業の作業をしたり本業の勉強に時間を当てた方がいいかもしれません。

他の副業ならクラウドワークスでライティングの仕事を引き受けることもでき流のでご参考までに。

勉強・本を読みながら待つ

僕は仕事がひと段落すると、オンライン状態で勉強しながら待機しています。

勉強は英作文であったり、読んでいなかった本を読んだりと自由に暇つぶしして待ちましょう。

最近は英語の勉強をして待機しているので、英語を話せるようになりたいと思っている方はこちらの本をおすすめします。

瞬時に英語を話せるようになるための攻略本。まずは簡単な日本語を瞬時に英語に変換するトレーニングをします。(それでも大変)
簡単な日本語を瞬時に英語に変換できる英作回路を頭に形成できたら、英語の文型をバラバラにして瞬時に変換するサイクルを繰り返していくトレーニング本です。

暇な時間は常にこれを見てサイクルを回しているから英語脳が出来上がってきてる実感があります。

充電スポットに移動する

スマホを常に動かしているので、充電が持ちません。きっとモバイルバッテリーを持っていると思いますが、充電の減りによってそれでも賄えないかもしれません。

充電スポットに行って充電しましょう。1番安上がりなのは近くのマクドナルドです。

ハンバーガーまたはコーヒー1杯100円で安く充電できますし、注文も待てます。コンセントは1人1つしか利用できないところもあるので、コンセント数を増やせるものを持っていると何かと便利です。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

時間帯によって需要が変わること、場所によって需要が変わることが理解できたと思います。

あなたのテリトリーとする場所によって需要は変わるので、徐々に慣らしてから自分の感覚を掴みましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。