配達バックの広告掲載枠募集について|フリーランスUberEatsの新しい稼ぎを思い付いたからシェア

スポンサーリンク

こんにちは、だん(@adan_wb02)です。

以前ツイートしたことですが、UberEats配達員の事故の件でフリーランスの弱みが浮き彫りになってるように感じます。

事件はUberEatsパートナーの鈴木堅登さんが配達帰りに事故にあったが、Uberとの雇用関係がないため治療費は自己負担という結果になりました。

UberEatsパートナーとしてやっている自分としては少ない給料で自己負担は重すぎると感じています。デリバリーやるならピザ屋のバイトをしている方が安全かと思います。(きっと労災補償あるからね)

そこで労災保証が出ないUberEatsパートナーとして働いている人に新しい稼ぎ口がないかと考えて思いついたので記事にしました。アイディアをシェアすることで僕以外の人にも活用してほしいことを願っているからです。

UberEats配達バッグの広告掲載枠の募集

改めまして、企業様にUberEats配達バッグの広告掲載枠を募集させていただきたく存じます。

広告掲載枠はこちらになります。現在はUberEatsのロゴが入っている枠になりますが、ワッペンになっているため取り外しが可能です。

広告としてのメリットとデメリット

ご興味持っていただきありがとうございます。こちらでは実際に広告としてあげた場合のメリットデメリットについてお話しさせていただきます。

メリットとしては以下が挙げられます。

メリット

  • 多くの人の目に向けられる
  • 広告費を安く抑えられる

大きなメリットといたしましては2つになります。総合的に言うと、認知度を上げることを目的とした広告と考えていただければ問題ないかと考えています。

大きいバッグで大通りから住宅街まで背負っているので目立ちますし、配達員の業務でお店に注文を引き受とる際にはバッグを自転車orバイクにのせているためロゴに注目がいきます。

僕の場合は渋谷や恵比寿、目黒、五反田、東急東横線沿いの住宅街、環七通り、目黒通り、駒沢通り、中原街道あたりを週に4日以上1日6時間以上走っているので広告効果としては問題ないかと思います。

また、初めてのことなので2018年5月20日までの掲載で2万円で引き受けさせていただければと考えています。

デメリット

  • ターゲットにリーチしにくい
  • 広告効果がわかりにくい

SNS広告のように企業様が考えているターゲット層にダイレクトにいく広告ではないため、ターゲットにリーチしにくいと考えています。

ターゲット層の幅が広く、様々な方に使ってほしいと考えている商品がある企業様にピッタリだと考えています。

また、この広告効果によって「客層が増えた!」と直接認識はできないと考えています。広告掲載のデザインによって大きく左右されると考えています。

配達バッグ広告掲載枠について

こちらの掲載枠について、UberEatsロゴをつける義務は無いので実際に取り外して配達しているパートナーの方もいます。

Uberと雇用契約が無い事と広告掲載に関する説明は一切受けていないことから個人での広告掲載に関しては契約上問題はありません。

ロゴはワッペンになっているので企業様の商品広告をワッペンにしていただきバッグに貼らせていただきます。

ワッペンの規格については縦約29cm横約25cmです。(だいぶ大雑把な数値で作られていました。なのでワッペンは大雑把な大きさでも問題ありません。)文字フォントは赤枠が5cm×5cmとなっています。

ご契約について

ご契約に際しては下記になります。ご興味持っていただけるようでしたらご連絡いただけますようお願いいたします。

ご契約内容

  • 契約期間:2018年5月20日24時まで
  • 費用:20,000円
  • 稼働条件:週3日以上/1日6時間以上の稼働(週20時間以上保証)
  • 広告制作:広告ワッペンは掲載者が制作・負担

当面は上記内容で募集させていただきます。また、どのくらいの需要があるのかがわからないためTwiterのDMにてご連絡いただきますようお願いいたします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。