自己啓発本なんか捨てて、すぐに行動しろ。

スポンサーリンク

こんにちは、だん(@adan_wb02)です。

最近やたら自己啓発本に読んでいる人が多いみたいです。

なんで自己啓発本読んでいるのですか?

ぼくにとって自己啓発本ほど面白くもなく時間が無駄になるものはないです。
なぜ、あなたはそれを読んでいるのですか?
なにごとも本質をとらえないと読んでいる意味がありませんよ。

自己啓発本を読む意味

自己啓発とはまずどんな意味なのでしょうか。

自己啓発じこけいはつ)とは、自己をより高い段階へ上昇させようとすることである。「 より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す。
引用元:wikipedia

つまり、自己を高めるためにモチベーションや気持ちを奮い立たせることです。
本来は自己をさらに高い場所へ向けるため、モチベーションの向上として自己啓発本が存在しているが、
最近ではメンタルが弱い人が多いせいか、自己を高める目標地点の基準が下がってきているのではないでしょうか

その結果、もともとメンタルが弱い部分の影響で行動につながっていないことがほとんどのようです。行動をしないせいで何も変わらない結果になってしまうのが1番もったいないです。

行動につなげろ

なぜ行動につながらないのか。
それはメンタルだけのせいではないと思います。
「どんな行動をすればよいのか。何をしたらいいのか。」分からない人がきっといるのだと思います。

何をしたらいいのか。その答えは、何でもいいです。何か日常の些細なことを変えるだけでもいいと思います。

例えば、クラシックな曲を聞き出してみるとか、コーヒーをブラックからミルクを追加してみるとか。普段していないものを日常に加えてみてください。

そしてそれにこだわって突き詰める。突き詰めることで何かの行動につながっていきます。

だからずっと自己啓発本を読んで何もしないのは何も変わらないです。

とにかく些細なことから変えていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。