【ネタバレ感想】スパイダーマン:ホームカミング、新生スパイダーマンで新たな活躍に期待と興奮!![レビュー]

スポンサーリンク

(スパイダーマン:ホームカミングより引用)

ついさっき新作『スパイダーマン:ホームカミング』を見てきました。

前作『スパイダーマン』や『アメイジング・スパイダーマン』とは話がガラリと代わり、今回の作品はアベンジャーズに入るまでのスパイダーマンが描かれています。
端的な感想は

  • スパイダーマンが進化してる!
  • 前作よりめちゃくちゃおもしれえぇぇぇ!!!
  • 次作も楽しみすぎる!!

の3つです。
そんな今回はスパイダーマン:ホームカミングのネタバレ、感想を書いていきます!

5分でわかるストーリー解説

舞台はアベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンの戦いが終わったNYが舞台となっている。トニースターク(アイアンマン)を恨む”バルチャー”はウルトロンの残骸からエネルギーを発する石を手に入れ、武器密売を始める。

アベンジャーズの戦いに参加したピーター(スパイダーマン)はキャプテン(アメリカ)の盾を奪ったことに大興奮。15歳高校生のピーターは正式にアベンジャーズの仲間入りをすること、一人前として認めてもらうことのためにトニースタークから貰った特性スーツに身を包んで日々NYの街をパトロールしていた。

スパイダーマンにとって平凡な日々を送っていたある日、バルチャーがウルトロンのエネルギーを発する武器で事件を起こす。一人前と認められたいピーターはバルチャーを必死で追い続け、バルチャーの手下が落とした武器を手に入れることができた。

ピーターは武器の危険性を知り、トニースタークに止められながらも1人で敵を捕らえることを決意。今まで制限されていた特性スーツの能力を解放し、バルチャーに挑む。しかし、敵を捕らえることができず民間に大きな被害を出してしまう失敗を犯した。その結果、アイアンマンに特性スーツを没収されて、アベンジャーズの仲間入りの話は剥奪される。

仕方なく高校生活に戻ったピーターは好意を抱いていた女の子とホームカミング(高校でダンスや同窓会を楽しむイベント)でパートナーになることができた。ホームカミング当日、相手の自宅へ迎えに行くとその父がバルチャーだと知る。ピーターはバルチャーが数時間後にアベンジャーズの積み荷を盗む計画を知り、ホームカミングを抜け出し決戦へ。

特性スーツがないピーターであったが、空中での激しい戦いに勝利することができた。トニースタークの部下ハッピーがピーターの活躍を知り、トニースタークはピーターをアベンジャーズにあたたかく迎え入れた。しかし、ピーターはアベンジャーズの仲間入りを拒否し、NYの街の平和を守ることを告げる。

場面が変わり、新たな敵を匂わせ….完!!

とこんな感じでした。

かなり割愛したので、映画の面白さは伝わっていないと思います。ストーリーの全体の流れは上記の通りでした。

アベンジャーズに認められたいスパイダーマンのストーリー

今回の映画は完全新作のストーリーでした。
前作『スパイダーマン』『アメイジング・スパイダーマン』とはガラリと話が変わり、スパイダーマンがアベンジャーズに入るまでの物語となっています。

スパイダーマンの新作はいつも蜘蛛に刺されるシーンから始まりましたが、今回は噛まれるシーンはありませんでした。

そしていつも登場してくるベンおじさんも今回は出てきません。話にも上がりませんでした。

内容はアベンジャーズの話の続き

シビルウォーでトニースタークがスパイダーマン(15歳のピーター)をチームに誘ったストーリーから始まります。

トニーは無邪気な15歳の高校生、「アベンジャーズに認められたい!」その気持ちでいっぱいです。

トニースタークはスパイダーマンの実力を認めているもののピーター・パーカーを認めていません。

シビルウォーでトニーから特性スーツを受け取ったようです。今回はそのスーツが魅力満点なので、写真とともに紹介していきましょう!

[大注目]スパイダーマンスーツに新たな5つの機能!

5つの機能が出て、最強のスーツになってきました。

スーツのアナウンスレディ「カレン」の登場

(スパイダーマン:ホームカミング予告編より引用)

アイアンマンスーツでもお馴染みの人口知能スーツになりました。

アイアンマンの人工知能の名前は『ジャービス』ですが、ピーターはスーツの人工知能を『カレン』と名付けます。

カレンによって通信機能、カメラ機能、録画機能、盗聴機能が付いていました。アイアンスーツとなんら変わりません。

追跡用GPS付きクモ型ロボット

写真はないですが、追跡用のクモ型ロボットが登場しました。

ピーターは敵の足元に向かってロボットをなげ、着地したロボットは自動的に敵のズボンのところへ隠れるように移動します。

GPSによる追跡と盗聴機能を兼ね備え、カレンと連携して使用していました。

偵察用クモ型ドローン

(スパイダーマン:ホームカミング予告編より引用)

今回は何度も登場した新機能です。胸のクモマークからドローンが飛び出る仕組み。

カメラで居場所を特定したり、センサで特定の自動車を見つける役割を担っていました。

これもカレンと連携して、映像が映し出されるようです。

ムササビみたいなヒレ

(スパイダーマン:ホームカミング予告編より引用)

ヒレは出し入れ自由なものになっていて、飛ぶことはできません。

ムササビのようにゆっくり降下できる仕組みです。まぁ滞空時間が長くなったので、一応便利な機能です。

本作では結構重要な場面でムササビが見れます。

様々なクモの糸を出せる

こちらも写真がありませんが、様々なクモの糸を使えるようになります。

通常の糸の他に、時限式クモの糸、グレネード、連射タイプとさまざま。

多すぎて覚えられませんでした。こちらは映像で楽しんでもらえれば1番伝わるんじゃないかと思います。是非映画館へ行ってください!!

スパイダーマン前作、マーベル10作品が期間限定で見れるキャンペーン実施中!

(アベンジャーズ/MARVEL より引用)

さて、スパイダーマンですがなんと今だけHuluを使うと前作はもちろん、マーベル10作品が全て無料で見れてしまいます!

マーベル作品は8月4日から9月3日までの期間限定で、HuluにてSVODサービス独占配信なので、今がチャンスです。

Huluは登録してから2週間は無料なんで、スパイダーマンはそもそもどんなのだっけって方、またアイアンマンってどんなキャラなの?と知りたい方、アベンジャーズのメンバーが知りたい!って方はぜひこの機会に登録してみてください!

2週間無料なんで見たいものみたら解約ってのもアリです。

それならお金もかかりませんしね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。