【大学受験】あなたにとって最適な受験塾の選び方3つのポイント

スポンサーリンク

こんにちは、だん(@adan_wb02)です。

僕は大学受験のときに偏差値を25以上あげることに成功し、頭の悪い高校から初めてのMARCH現役合格ができました。

しかし、少しの後悔があります。それは塾をしっかりと選ばなかったことです。

もし、僕が塾をしっかりと選べば、偏差値25以上の成果を上げてMARCHよりも学力のある早慶に合格していたかもしれません。

そこで、今回の記事ではあなたが受験で最高の成果を上げるために必要な、「あなたにとっての最適な受験塾の選び方3つのポイント」と題して紹介します。

あなたにとって最適な塾の選び方

最適な塾は下記3つのポイントを満たしているかどうかに決まります。

  1. 塾の費用
  2. 教師の質
  3. 受験生の質

 

大学受験の塾は費用が高いです。林修先生が所属している「東進ハイスクール」や「河合塾」のような有名受験塾では年間費用が100万円以上確実にかかります。

費用が高い分、教師の質が良かったり、受験生にも色々な人がいるため、これらが基準になっていくのです。それぞれ解説していきます。

最適な塾を選ぶ:費用

塾を選ぶ際に、最も懸念すべき点かもしれません。授業料や夏期講習といった特別講習料、教材費、など様々な費用がかかります。

僕はお金があんまりなかったので、費用を重視して塾を選びました。(もっと講師のレベルとかコースとかあるところの方が良かったと後悔しました)

前述したようにほとんどの有名塾は100万円以上の費用かかります。

僕が費用を惜しんで選んだところでも92万円くらいかかっていますから、受験はとてもお金がかかりますね。

費用を抑える観点から、城南予備校の「授業料定額制度」と「現役合格保証」は年間費用を60万円台に抑えているし、もし浪人したとしても高卒授業料を全額免除というヤバイ保証もあります

最適な塾を選ぶ:教師の質

教師の質はめちゃくちゃ大切です。ローカルな塾とかはあんまり良い講師がいないでしょう。

塾業界は競争が激しいので、質のいい講師が集められず講師が大学生だったってことも少なくありません。

※大学生でも教えるのが社員講師よりも上手い人はいっぱいいます。

良い講師がいるのは、「東進ハイスクール」や「河合塾」といった有名塾が最も確率が高いです。最近では「河合塾マナビス」、「スタディサプリ」のような遠隔学習に有名講師を厳選した学習スタイルは確実に良い先生に出会えます。

また、教師の質だけでなく、授業一回一回の質を上げるためにアドバイザーが付いているのも選ぶポイントでしょう。

最適な塾を選ぶ:受験生の質

自分の成果を最大限発揮するためには、周りの受験生の質は大きな影響を与えます。

周りの環境を整えなければ、一生懸命に志望校を目指していても勉強へのモチベーションは下がってしまうでしょ。

受験生の質を確認するためには絶対に「体験入学」や「体験授業」を受けてください。

これは授業の質を見極めるのも目的の1つですが、周りの受験生がどのような人たちで、しっかりと勉強しているのか。

それらを把握して、自分が勉強できる環境が整っているのかを判断しましょう。

近くに最適な塾が見つけられない場合

近くに最適な塾が見つけられなかった場合、塾に入らず自分で勉強する方が絶対良いです。

独学で本だけを読み、勉強を続けるのはなかなかハードルが高いですが、良い塾が見つけられなくて無理に入るのはわざわざ塾に通うのも時間がもったいないと思います。

独学するとしても、しっかりと知識を蓄えられるモノ勉強ができる環境さえあれば誰でも偏差値は上げれます。

本が難しい、もしくは塾に満足できない場合にはスタディサプリで知識を蓄える質を高めましょう。

有名な講師陣を厳選し、かつ月額980円(税抜)は費用がかなり抑えられます。

結局、自分の意思が決断できるかどうか

塾に通うにしても、独学で勉強を続けるとしても、結局は自分の意思で受験勉強をするという決断がとても重要です。

受験勉強において、勉強ができる=塾に通っているではありません。

塾はあくまで、「勉強の知識を教えてもらえる場所」です。

勉強を効率よく行えば、誰でも「勉強ができる人」になれます。

他の記事では勉強を効率よく方法と題して紹介している記事もあるので、一度読んでみてください。

まとめ

今回は塾の選び方を紹介してきました。塾は勉強を教えてもらう場所にすぎません。

良い塾を選ぶ3つのポイントを重視して、塾を探してみてください。必ず、あなたにとって良い塾を見つけられるでしょう。

良い塾が見つけられなくても、自分の意思を持って勉強する意思を持てば誰でも勉強できます。

受験はあなたの人生がかかる大勝負です。頑張って取り組みましょう。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。