大学生までに知っておかなければいけない5つのこと

スポンサーリンク

こんにちは、Danです。ぼくの周りでは気づかれていない大学生の間に知っておくべきことをお話ししたいと思います。

これはぼくが感じることもありますし、ぼくは一般の大学生より5個~25個くらい年上の方とお話しする機会があるので、こうゆう考えが確立しました。

大学生までに知っておかなければならない5つのことは将来残り何年あるかわからない。だから知ってほしいのです。

5つのキーワード

この五つが知ってほしいキーワードです。

  1. 自由の大切さ
  2. 社会の厳しさ
  3. 日本の便利・安全さ
  4. 新たな働き方
  5. 若い価値

これから細かく説明していきますね。

1.自由の大切さ

自由は大切に決まってんじゃん。そんなのわかるよ。という方もいると思います。

その通り、めちゃくちゃ大切なものです。よくわかっていますね。では、自分を見つめなおしてください。今は自由ですか?何かに縛られてませんか?自分の自由を奪われていませんか?

社会人になると、今の日本では自由がほとんど奪われてしまいます。では社会人が自由ではないものだとしたら、今あなたに残されている自由な時間はどのくらいあるでしょうか

意外と短いと思いませんか?あと10年もないのではないでしょうか?

自由が残り少ないこと、自由な大切さを真剣に考えてみてください。

ですが、自分の自由を尊重できる時代に変わりました。PCができてネットを通して仕事が出来るようになりました。会社に行かなくても仕事ができる、自由な時間が生まれやすい時代に変わりました。その分実力をつけないとダメですが。

社会人になると自由が奪われてしまいます、自由がどれだけ大切なものか。知ってください。

2.社会の厳しさ

日本の社会では証拠、数字、過去の事例がもっとも重要な基準となっています。学生が思っているほど甘くないです。日本社会は失敗、変化を嫌います。経験したことのないもの、例外は間違いなく受け付けません。世界で遅れているといわれる理由もこれが関わっていると思います。

忠実で勤勉な人が一番受け入れられる社会です。

どういったアプローチで生きていくかは人それぞれですが日本の社会は厳しい、そして日本に認めてもらうには確実な証拠を見つけなくてはならないことを知ってください。

3.日本の便利・安全さ

日本の社会は厳しいと書きましたが、インフラが整備されて、テロや犯罪行為にはかなり警察が力を入れている。こんなに安全な場所はありません。

海外では自分の身は自分で守れとよく聞きます。日本ではほとんどの場合、自分で身を守る必要はないですが、そればかりに頼っている人が多すぎます。完全に平和ボケしています。(笑)

基本的には自分で自分の身を守らないとダメですよ。海外の人には窃盗の標的です。もし殺されたらおしまいですよ。(笑)

日本の便利・安全さは誇れますが、それだけに頼らないこと。日本人は平和ボケしているから狙われていることを知ってください。

4.新たな働き方

自由のところで書きましたがPCやインターネットがかなり広まって新しい働き方が生まれました。会社に出勤とかそうゆう時代ではなくなります。そして個人を主張できる時代に成りえます。

今現在の働き方が普通だと思ってはいけません。生活と共にワークスタイルも変わる、これを見てくれている人にはそれが真実であるか、しっかり調べてほしいです。

ワークスタイルが変わる、これからのテクノロジーの発展と動向を見て知ってください

5.若い価値

若い一番の価値は何でしょうか?それは体力があり、元気があるということです。

一般的な老人を見ると若者より体力や元気はないですよね。つまり若い人ほど体力や力が有ります。

その若さがある大切なときを全力で生きてほしい。若さの価値を知らないと絶対全力で生きられません。若さは有限です。元気があるうちに全力で生きてください。

若い価値=体力、元気がある。それを知ってください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。