[2017年3月]Googleアドセンス投稿数10で審査通過。合格ラインを自分なりに考えてみた。

スポンサーリンク

こんにちは、だん(@adan_wb02)です。

このブログを開設してもう半年近くたちました。3ヵ月くらい放置してた時もありましたが、今はブログを書き続けています。

そこで今回はタイトルにある通り、Googleアドセンスの合格ラインについて書いていこうと思います。

Googleアドセンスの仕組み

知っているかもしれませんが、Googleアドセンスはクリック報酬型の広告です。クリックをされるだけで0円~数十円の単価報酬発生します。しかも無料で契約できるので、ブログをやっている方のほとんどが利用しているサービスでしょう。

申請してから一次審査、二次審査を通過してから利用することができます。

申請の流れ

GoogleAdSenseから入っていくとお申し込みはこちらとあるので、申請しましょう。
自分のGoogleアカウントにログインして、自分のサイト(hatena blogやwordpress)を登録します。

一次審査はこれだけで通るのでめちゃくちゃ簡単。実は二次審査を通るのが難しいんです。僕も2回くらい審査落ちましたけど、何とか受かりました。
申請に関してはもっとわかりやすいものがあるので貼っておきます。

Googleアドセンスの登録申請方法 一次審査編
Googleアドセンスの登録申請方法 二次審査編

投稿数10で通過した僕の軌跡

僕が最初に投稿していた記事とかは300文字くらいで、そのくらいの記事を4つ書いて二次審査を申請しました。結果はもちろんダメでした。

通過するためにはある一定基準があるということを知り、調べてみると、「Googleの評価基準は記事のコンテンツの質を上げることとサイトの信頼性があること」でした。

今回通らなかった原因は記事の内容が日記のような感覚だったこと。特にメッセージ性もなく適当に書いてあったことが考えられますね。

審査が通らなかった原因を突き止めて改めて、コンテンツの質と信頼性を上げることが必要だと築きました。次からは記事の量と記事の内容を重点的に上げることを意識していきます。

1記事1000文字以上を目指し5記事ほど書きました。サイト内には合計9記事できたのでもう一度申請しましたが、それでもダメでした。これまでに書いた文字数は6200文字です。

初心者にとって1000文字書くことはしんどいし、ぼく的には頑張ったほうかなと思っていたので軽くショックでしたね。(笑)

頑張ったのにダメだったから、ムカついて次の記事は2500文字くらいだったでしょうか。がっつり書きましたね。これはいけると思って再度申請したら通りました。今ではアドセンスを活用させていただいています。これまでに書いた文字数は8700文字です。

合格ラインに必要な基準まとめ

先ほども書いたようにGoogleが定めている基準があります。
調べた結果「Googleの評価基準は記事のコンテンツの質を上げることとサイトの信頼性があること」でした。どうやって質を上げるのか、信頼性を上げるのか、それの対策方法はこれらをすることだと思います。

  • コンテンツを充実させること
  • 記事数を増やすこと

コンテンツを充実させるとは、人の役に立つような情報をいっぱい書くことでしょう。できるだけ詳しく、理解しやすく書いていたらいつの間にか1000文字は超えているでしょう。

さらに記事数を増やすことでサイトの信頼性が増します。サイトに対して記事数が1つだと信頼できませんよね?だから記事数を増やしましょう。そしたらあなたの記事は信用されるはずです。

僕の場合は記事数10記事で通りました。もっとコンテンツを充実してさえいれば、10記事よりも少ない記事数で審査が通ると思います。

調べているうちに僕のサイトよりたくさん記事を書いているのに申請が通らない方を見つけました。そんな方は一度何がいけないのか真剣に原因を突き止めてみましょう。大抵は記事の内容をもっと濃く詳しく書いてあげると通ります。頑張ってください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。