【大学受験生】進学先は大学で決めるな!やりたい事で決めろ!

スポンサーリンク

こんにちは、だん(@adan_wb02)です。

今回は大学選びについて真面目な話です。受験生は大学をどうやって選んでいますか?

もし、大学を選ぶときに大学の就職先やネームバリューで選んでいるなら、それは間違いです。その基準で大学を決めたら絶対後悔するから今すぐ考え直してください!

今回は大学生の僕が受験生に伝えたい「大学選びはやりたい事で決めて欲しい」という事を書いて行きたいと思います。

進学先は大学じゃなく、やりたい事で決めろ!

僕は今大学四年生ですが、大学でやりたい事は1つもないです。正確に言うならば僕が目指した大学にはやりたい事がなかった。

それを知っていたけど、今の大学を受験時代目指していました。

僕は大学のネームバリューや就職先で大学を選びましたが、その大学に行けてよかったと思ったのは合格した時だけでそれ以外はありません。

なぜならその大学に自分のやりたい事がなかったからです。

そんな事がないようにやりたい事で大学を選んでほしい。大学4年間やりたい事がない大学に居てもとても退屈です。そんな退屈な事がないように大学の選び方を詳しく説明していきましょう。

大学はネームバリューで選ぶな

大学のネームバリューは就活や合コンで使えると思っていました。しかし、最近の就活では大学のネームバリューに重きを置いていない企業が多く現れてきました。

今、就活で1番大事なのは「学生時代に何をしてきたのか」、「人生で何を頑張ったのか」などの人柄や面接でのコミュニケーション能力を見ている事が多くなっています。

なので、就活では学歴にあまり価値がなくなってしまいました。だからネームバリューで選ぶ必要はほとんどないと思います。合コンでモテたいならネームバリューを求めて頑張りましょう!

大学も学部もやりたい事で選べ!

大学は4年間あるので、やりたい事を思いっきりやる時間があります。やりたい事を自由にやれるのが大学です。しかし、やりたい事ではなかったら本当に退屈するでしょう。

僕は受験で理系を選択しましたが、やりたい事は文系にありました。理系でも文系の教科を学べると思い理系のまま受験しましたが、入学してからそれはできないと気づきました。

逆も同じように文系の方は理系科目を学べないようです。だから受験時代やりたい事が苦手であっても、やりたい事に素直になって大学を決めた方が入学してから退屈しないと思います。

4年間退屈した学生生活を送ると無気力症候群を起こすし、ダメ人間になってしまうので本当にやりたい事をできるところを選んでほしいです。

「現役合格じゃなきゃいけない」という煽りに負けるな!

僕は受験時代塾に入っていましたが、先生たちは生徒の現役合格を目指していたので、入れる大学をおすすめしてきました。これは塾の実績を上げるためや生徒を浪人させないために先生がおすすめしてきたのでしょう。

でも、入学してから4年間退屈したくないのならやりたい事ができる大学を選ぶべきです。現役合格できたとしても入ってからやりたい事ができないような大学に入っても4年間を無駄にするだけだし、退屈するでしょう。

「その大学ならやりたい事がやれる!」という大学を見つけて入学した方が自分のためになります。それが叶うなら「浪人」という選択肢も全然良いでしょう。

やりたい事ができない大学に現役で入学するよりも、浪人を選択してやりたい事ができる大学へ目指すべきです。その選択次第で大学4年間の充実さは劇的に変わります。自分のやりたい事を真剣に見つめましょう。

やりたい事がない君へ

受験生はやりたい事が見つかっていない人が意外と多いようです。社会人との節目だから仕方がないのかもしれません。

ですが、本当にやりたい事はちゃんと見つめ直さないと大学に入学しても無駄に終わってしまうかもしれません。やりたい事を見つけて大学に入った方が何十倍も自分の成長に繋がります。

では、やりたい事を見つけるためにはどうすれば良いのか、考えていきましょう。僕はこの3点が重要だと思います。

  • 本をたくさん読む
  • 様々な事に挑戦する
  • 様々な場所を旅する

やりたい事が決まっていない人は圧倒的に知識が足りない、経験が足りない、実感が足りない事が多いのです。

だからそれを補うには多くの本を読み、様々な事に挑戦し、旅をして経験する事が大切だと思います。大学に入ってからやりたい事を探すのも良いですが、その場合は楽な学部を選ぶと良いでしょう。

なぜなら、やりたい事が見つかってから動きやすいのは楽なところだからです。

大学の4年間はたくさん経験し、何が必要なのか、真剣に悩む事が必要だと思います。

結局は大学の中を知る事が大切

なんども言っていますが、大学は4年間あります。大学時代に4年間やりたい事をやって過ごしてください。やりたい事ができる大学を選ぶ事が大学生活を充実させるために必要な事です。

ちゃんと大学を選ぶためには

  • オープンキャンパスに参加する
  • その大学の学生に話を聞く
  • 進学サイトから資料をもらう

この3パターン全部やってください。オープンキャンパスは表面上だけで大した情報は聞けないですが、大学の雰囲気を味わう事ができます。

大学を知るのに1番良いのは大学の学生に話を聞く事でしょう。生の意見が聞けるし、ほとんどの学生は相談に乗ってくれるので勇気を出して話を聞くのも良いと思います。

そして資料を持っておくと、学生と話がしやすいし、資料に書いてある事が本当なのか相談しやすいので、持っておくべきでしょう。

最後に

大学選びとは少し話が変わりますが、日本人は大学に入ったら勉強しなくなります。

その原因は大学の教育か、学生にやりたい事がないのか、学歴社会だと思って大学に入っただけなのか。どれが原因かわかりません。全てが原因だとも思います。

日本の大学生は世界の大学生と比べて全然勉強していません。

このまま全然勉強しない大学生が増えると日本はどんどん落ちぶれて、世界にどんどん置いてかれてしまいます。これを改善するには今の若者が頑張るしかありません。

だから若者にはとにかく勉強してほしいし、やりたい事を突き詰めて前進してほしいと考えています。僕もその気持ちで勉強していこうと考えています。そしてこの事を多くの人に知って欲しいです。

この記事をみてください。→「日本人が知らない新しい富の方程式」ここでは世界の企業時価総額ランキングが出ています。

2000年ごろには日本企業が上位を占めていましたが、今では29位にTOYOTAが入っているだけ。世界から見て日本はほとんど期待されていません。これから世界はアメリカ、中国、インドのような国が引っ張っていくでしょう。

この原因は日本の大学生が勉強しなくなったから、というのも少なからずあると考えています。

これから日本が成長するためには若者が勉強に励み、若者が積極的になって日本を変えていくしかありません。受験時代は実感がないかもしれませんが、大学生になったら日本は遅れていると気づくでしょう。受験時代の大学選びは大変かもしれませんが、大学に入ってから後悔のないようにしっかり選びましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。