ライフネット生命出口さんの本が今の日本を五年前から予想していた件

スポンサーリンク

こんにちは、だん(@adan_wb02)です。

最近読んでいる本がめっちゃめちゃためになるというか、今のこの時に必要なことが書いてあります。内容は仕事だったり、世の中の事だったりと著者の経験談がいろいろ。めっちゃためになるなと思いました。

ぼくは最初の10ページ面白くない本は絶対に買わないのですが、これは10ページ目からおもしろかったです。

自分を開いて率直になんでも受け入れるようにしていると、外からいろいろなものが入ってきます。私は食いしん坊なのでよく食事にたとえますが、好き嫌いをいわずに目の前にあるものを何でも食べ、人から薦められたときも何でも食べてみるのです。臭いがきつかったり見た目がおどろおどろしかったりすると、つい箸を伸ばす手を躊躇してしまうのが人間というものですが、そういうものでもとりあえず一度は食べてみる。ときにはお腹を壊すこともありますが、これで食べ物の経験値は確実に上がります。つまり、先入観や思い込みの範囲が狭まるのです。

 

これは始めの10ページにある内容です。僕の考えにそっくりだったから気になってしまいました。2010年に執筆したものだというのに、そのころの日本と2016年の日本が全く変わらないという。6年もたっているのに変化も何もない日本嫌ですね。だから世界に抜かれるんでしょう。

きっと5年後も変わらない日本のままでいるでしょうけど、ぼくは海外のスピードについていこうと思いました。

ぜひよかったら見てください。現在kindleでは80%引き!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。