格安SIM乗り換え検討の方必見!SIMフリースマホとは?SIMカードとは?

スポンサーリンク

こんにちは、だん(@adan_wb02)です。

僕は格安SIMに変えて、そろそろ1年が経とうとしています。

格安SIMの認知度も上がり、これから格安SIMに乗り換えを考えている方も少なくないでしょう。

格安SIMの最大のメリットは携帯料金の安さです。僕はauを契約していたときよりも、携帯料金を3分の1に抑えることができました。

今、格安SIMに乗り換えを考えている方に1点アドバイスです。

格安SIMはSIMフリースマホじゃないと利用できません。

今回は、「そもそもSIMカードとは?」から「SIMフリースマホ」について初心者にわかりやすく解説していきます。

あなたのスマホはSIMフリースマホか、それとも違うのか、SIMフリースマホにするための方法について見ていきましょう。

そもそもSIMカードとは

スマホには「SIMカード」と呼ばれるICカードが入っています。(画像にあるICカード)

スマホにこのSIMカードを挿入するだけで、スマホ端末からデータ通信を行えます。

逆に言えば、SIMカードが挿入されていない状態だとデータ通信ができません。(Wi-Fiに繋がればネット通信はできます。)

補足情報

「SIMカード」はデータ通信を提供している各種キャリア会社(docomo,au,softbank,その他格安SIM会社)が提供しています。

SIMフリースマホってなに?

SIMカードを挿すだけで簡単にデータ通信が利用できると説明しましたが、実はスマホによっては通信できない場合があります。

スマホにはこれら2種類のパターンがあります。

スマホの種類

  1. SIMロックスマホ
  2. SIMフリースマホ

 

それぞれ説明していきます。

「SIMロックスマホ」は、大手キャリア3社(docomo, au, softbank)でスマホを購入すると、自動的にSIMロックスマホ設定が掛けられています。

例えば、docomoで購入したスマホはSIMロックがかけられており、docomoのSIMカードしか利用できない状態になります。

そのため、SIMロックスマホは他のSIMカードを挿入してもデータ通信が利用できません。

逆に、「SIMフリースマホ」は、どこの会社のSIMにとらわれることなく全てのSIMカードに対応できます。

SIMフリーであれば、docomoでもauでもその他格安SIM会社のSIMカードでもデータ通信ができます。

補足情報

格安SIM会社のSIMカードを利用するためには、「SIMフリースマホ」でなければいけない。

大手キャリアがSIMロックをかけてる理由

大手キャリア3社(docomo, au, softbank)で購入したスマホはSIMロックがかけられています。

なぜ、このようなことをするのか疑問に思う方もいるでしょう。

理由としてはこれら2つだと考えられます。

SIMロックをかけてる理由

  1. 各社での通信企画や周波数帯が異なることから、利用制限がかけられているため
  2. 他キャリア会社への顧客流出を防ぐため

 

僕の率直な意見としては、SIMフリースマホの方がメリットが大きいので勝手にSIMロックされるのはやめてほしいですね。

SIMフリースマホはメリットがある!2つのメリットを紹介

SIMフリースマホのメリットはどこのSIMカードでも挿入すれば利用できるところです。SIMカードの利用が柔軟になったのでこれら2つのメリットがあります。

SIMフリースマホのメリット

  1. 携帯料金が安くなる
  2. 海外SIMも利用できる

 

それぞれ詳しく解説していきます。

メリット1:通信料金が安くなる

SIMフリースマホにする最大の特徴は、通信会社を選べることです。

どこの通信会社のSIMカードでも自由に利用できるので、格安SIM会社を選ぶと結果として「携帯料金」をかなり安く抑えることができます。

例えば、格安SIMと大手3社キャリアを比較すると、「携帯料金」がこれまでの半額以下になります。

僕はauを利用していたときが携帯料金(端末支払いも含む)月12,000円だったのが、格安SIMに変えて月3,000円に抑えられました。

格安SIMは乗り換えも簡単だし、プラン内容も通信会社によってさまざまですが、最終的には自分の使い方に見合った会社を見つけられます。

その結果、携帯料金が抑えられます。

メリット2:海外SIMも利用可能

また、SIMフリースマホは海外SIMも利用できます

海外出張が多い方や、旅行に行くときにも非常にオススメです。

僕は以前、中国に行った際にはモバイルWi-Fiではなく、海外用SIMカードを購入して利用していました

SIMカードを差し替えるだけで海外での通信が可能ですし、何より地下鉄だとしても電波が入ってくるので利用しやすかったです。

補足情報

今の時代、プライベートでは「音声電話(090, 080の電話)」あんまりいらない。

LINEやmessenger、WeChatなどコミュニケーションアプリを利用して電話すれば海外で格安に携帯が利用できる。

SIMフリースマホを手に入れる2つの方法

SIMフリースマホを手に入れる方法は大きく分けて2つです。

SIMフリースマホの入手方法

  1. もともとSIMフリースマホを購入する
  2. 大手キャリアが掛けているSIMロックを解除する

 

それぞれ解説していきます。

簡単に買えるSIMフリースマホ

実は、SIMフリースマホは大手キャリアから買わなければ、ほぼ確実にSIMフリースマホを手に入れられます。

多くの人はこれまで大手キャリアで機種変更として、スマホを購入してきました。

それをやめて、ECサイト(Amazonや楽天市場など)、または直販店(Apple Storeなど)でもSIMフリースマホは購入できます。

格安SIM会社での機種変更

格安SIM会社でも機種変更を行なっています。

格安SIM会社はSIMロックをかけていないスマホを提供しているので、そこで購入してもSIMフリースマホを手に入れられますよ。

SIMロックを解除する方法

SIMロックはあなたが契約している大手キャリアにSIMロック解除の手続きをすれば、ロック解除できます。

解除方法としては、2つあります。

SIMロック解除方法

  1. My 〇〇(docomo, au, softbank)でSIMロック解除する(無料)
  2. ショップに出向いてSIMロック解除する(有料:3,000円かかる)

 

SIMロックを解除するためにわざわざショップへ出向かなくても、ネットで手続きを行えます。

契約しているキャリアサイト(僕の場合はMy auでした)にアクセスして、オンライン手続きから無料でSIMロック解除できます。

よくわからない場合は、ショップに出向けば数分で解除してもらえますが、手数料として3,000円かかります。(手数料にしてはかなり高い。)

SIMロック解除の条件がある

SIMロック解除するためには「故障していない」など、キャリアがいくつか設けている条件をクリアした上で手続きが必要。

SIMフリースマホにしない理由がない

この記事ではSIMカードから、SIMフリースマホについて全くわからない人向けに解説してきました。

SIMフリースマホの最大の特徴はどこの会社のSIMでも利用できる柔軟性です。

また、格安SIMを考えている方はSIMフリースマホでなければ利用できないことを覚えておきましょう。

格安SIMを利用して、結果的に月々の料金を今までの半額以下に抑えれるので、まだSIMフリースマホを手に入れていない場合には手に入れるようにしてください。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。