[投資]なぜ『投資』をやるのか。人生の手段として『投資』をする意義を考えてみよう。

スポンサーリンク

こんにちは、だんです。

僕は最近『投資』について勉強していますが、世間のイメージは

「なんだか怖い。」

「損したらどうするの?」

そんな目で見られます。しかし、『投資』は人生のレベルをあげる手段だと信じてます。

今回は人生の手段として、『投資』をする意義について書いていきたいと思います。

あなたはどう生きたいか。考えたことはありますか?

『投資』の話をする前に、あなたはどうやって生きたいか、考えたことはありますか?

例えば、

「家族を持って、3ヶ月に1回家族旅行に行きたい。」

「とりあえずお金持ちになりたい。」

「あまり忙しく働きたくないけど、収入は欲しい。」

このように、どうやって生きていこうかというイメージを持ったことはありませんか?

ちなみに、僕の夢は「家族と自由な時間を一緒に過ごすこと」です。これを達成するためにそれなりの「収入」が絶対必要になります。

収入を上げるには働かなくてはいけません。しかし、労働だけで収入を上げても肝心な自由な時間を得ることができないのです。

「自分の夢や実現したいもの」を達成するには労働だけではあまりにも難しいと知りました。

しかし、他に方法があります。『投資』です。

労働だけではうまくいかない目標や夢を達成するために『投資』という手段が存在します。

全ての人が投資をやる必要はありません。投資にはそれなりのリスクがあるからです。

リスクを受け入れてでも達成したい何かがあるなら、『投資』をしても良いのではないでしょうか。

投資を始めるに当たって十分注意してほしい4つのこと

投資はそれなりにリスクがあります。そのリスクを把握した上で、投資に取り組みましょう。

投資について大切にすべきことをあげると以下でしょうか。

投資をするときに大切なこと

  • 『投資』は自己責任でしかない。
  • 『投資』のリスクを把握しよう。
  • 『投資』について勉強しよう。
  • 『投資』を誘う人は疑おう

これらについて説明していきます。

『投資』は自己責任でしかない

『投資』は自分のお金を使って、「株=企業」や「事業」に出資しているのです。

「企業」や「その事業」が成功しなければ、利益としてリターンが返ってきません。

全ての企業や事業が絶対成功するとは限らないので、失敗するときもあります。

最近、東芝が事業失敗をした例を出すとわかりやすいでしょう。
アメリカの石油事業で失敗し、子会社が倒産したため親会社である東芝の株も下がって投資家は大きな損をしました。

投資家は企業が失敗したからといって、基本的に文句を言えません。終わったものは終わってしまったからです。

このように投資先を失敗するとリターンもなく、損しかありません。全ては自己責任なのです。

『投資』のリスクを把握しよう

『投資』をするにあたって投資先のリスクを調べることは重要です。

東芝は会計不正をしていたので調べようがありませんが、成功しそうな事業、伸びる市場などを調べて「企業」や「事業」に投資しましょう。

調べるためにはそれなりの知識が必要になってくるので、勉強するのが大切です。

『投資』について勉強しよう

『投資』について何から勉強すればいいのか。大きく分けて4つあると思います。

  1. お金について勉強しよう
  2. 企業について勉強しよう
  3. 世界規模での事業・業界・市場について勉強しよう
  4. 歴史について勉強しよう

お金について勉強することはもっとも大切です。為替、銀行など、自分の資産について何も知らないのは損しか生みません

『投資』はお金を使ってお金を生み出すからお金の仕組みを知ることはとても重要でしょう。

企業に投資をするので、企業についてはもちろん、その事業・業界・市場の将来性を把握する必要はあります。

米国のトイザらスは破産しました。日本のトイザらスはまだ生きているようですが、企業自体が変わらなければ日本のトイザらスも倒産するでしょう。それくらい企業の将来性を考えるのは重要です。

歴史を勉強する理由は「歴史は繰り返される」からです。もし、政府や企業の経済は綿密に絡み合っているので同じようなパターンがあれば危険を回避できるかもしれません。

『投資』を誘う人は疑おう

投資をする際に「勉強すること」はとても大切です。詳しい人に聞くのは1番早い勉強法かもしれません。

しかし、投資を勧誘する人はほとんどが詐欺師です。

誰に得するのか、誰が損するのか、ちゃんと考えなければいけません。

自分だけが得する場面も疑った方が良いでしょう。『投資』は常に平等のリスクとリターンがなければ信用できないからです。

『投資』で1番大事なのは信用なのかもしれません。信用できない人・事業・企業には投資するのをやめましょう。

さいごに

僕は投資をします。『投資』には自分の目標や夢を叶えてくれる可能性を秘めているからです。

しかし、全ての人が『投資』をやった方がいいとは思いません。失敗することもありますし、成功することもありますから。

ただ、『投資』は宝くじみたいに運だけでは成功しないのです。成功するためには『投資』について勉強をするしかありません。

勉強する中で、『投資』に勧誘する詐欺師も多くいます。それを見抜く目もしっかり養い、実現したい人生の手段として『投資』を活用するのはどうでしょうか。

今回はここまで、ではでは。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

やりたいことを実現するために新卒入社5日前で辞退。今はフリーランス(web制作/webライター)で活動中。 好きなことは、歴史文化・読書・テクノロジー・教育・旅・食べること・ビジネス。実現したいことへ突っ走ってます。お仕事依頼は「お問い合わせ」ページから。